三菱「新型アウトランダー」発表へ!? デビュー3年目の“マイチェン”実施か? 公開された「モメンタム2030」に反響集まる! 米での発表に期待大

三菱自動車工業は2024年5月16日、北米における2030年に向けた5か年計画「モメンタム2030」を発表しました。いくつかの新型車が2030年までに登場することが含まれますが、中でも主力モデル「アウトランダー」の刷新についてSNSなどで反響が寄せられています。

電動SUVの先駆け「アウトランダー」はこの先どうなる!?

 2024年5月16日、三菱自動車工業(以下、三菱)は北米における2030年に向けた5カ年計画「モメンタム2030」を発表しました。
 
 電動車比率の拡大や新型車の計画が記されていましたが、なかも主力モデル「アウトランダー」の動向が大いに注目されているようです。

次期「アウトランダー」ははたしてどうなる!?[写真はコンセプトカー「ヴィジョン・ラリーアートコンセプト」]
次期「アウトランダー」ははたしてどうなる!?[写真はコンセプトカー「ヴィジョン・ラリーアートコンセプト」]

 三菱は現在北米において、「ミラージュ&ミラージュG4(ミラージュのセダン)」、「アウトランダースポーツ(日本名:RVR)」、「エクリプスクロス」、そして「アウトランダー&アウトランダーPHEV」を発売しています。

 そして“モメンタム2030”では、「現在販売していないセグメントの2台の新型を投入する」と発表するとともに、「2026年度から2030年度まで毎年1台の新型車または全面改良モデルを投入する」としています。

 その結果、2030年におけるラインナップは現在の4車種からほぼ倍増すると三菱では説明しています。

 そんななか、北米のみならず日本などでも主力の車種となっているのが、ミドルクラスSUVの「アウトランダー(アウトランダーPHEV)」です。

 現行モデルは3代目で、北米で2021年2月に世界初公開しています。

 三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」は新たな世代のものとなりイメージを一新。水平基調のフォルムはダイナミックかつ上質なスタイリングでまとめられました。

 ルノー日産三菱アライアンスによるCMFプラットフォームを採用し、走行性能も大幅に改良されています。

 内装も同様に質感を大幅に高めたほか、先進運転支援機能も大きく進化しました。

 北米仕様は当初2.5リッターガソリンエンジンモデルが登場し、その後2021年12月には日本で電動モデルのアウトランダーPHEVの発売を開始。米国においても、2022年11月には1年遅れでPHEVモデルが追加されています。

 そしてデビュー3年が経過したアウトランダーは、いつマイナーチェンジが実施されてもおかしくないタイミングといえます。

 “モメンタム2030”において、毎年1台の新型車または全面改良モデルを投入するという計画のなかには、アウトランダーのマイナーチェンジが含まれていることはほぼ間違いないでしょう。

 そんな発表に対し、主力モデル「アウトランダー」の刷新についてSNSなどで反響が寄せられています。

 多かったのは「もう3年か」「古さを感じさせない」「年次改良だけでもあと5年はもちそう」など、現行型のデザインの完成度をたたえる声でした。

 また「ビジョン ラリーアートが出るんじゃない?」と予想するコメントも。

 これは、かつて2022年1月に行われたカスタムカーイベント「東京オートサロン2022」に参考出品されたアウトランダーのコンセプトカー「VISION RALLIART CONCEPT(ビジョン ラリーアート コンセプト)」を指しています。

 肉厚な前後バンパーや大型ワイドフェンダー、大径タイヤなどで大幅に迫力を増したレーシーなスタイリングが特徴でしたが、その後の動向は不明なため、期待を寄せているファンも少なくないようです。

【画像】めちゃカッコいい! 三菱「新型アウトランダー!?」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 初代アウトランダー2004に回帰しつつあるのかな。アレが一番個性的だったよね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー