マツダ新型「“FR”高級セダン」実車公開! “4連テール”が超カッコイイ「次期 MAZDA6」!? 美麗ボディ×豪華内装の新型「EZ-6」重慶に登場

2024年6月7日から16日まで開催の第26回「重慶国際自動車ショー」において、マツダの現地法人「長安マツダ」は新型「MAZDA EZ-6(マツダ イージーシックス)」を出展しました。

新型「MAZDA EZ-6(マツダ イージーシックス)」は次期「マツダ6」!?

 マツダの中国合弁法人である長安マツダは、2024年6月7日から16日まで開催の第26回「重慶国際自動車ショー」において、新型「MAZDA EZ-6(マツダ イージーシックス)」を出展しました。

内装が超豪華! マツダ 新型FRスポーツセダン「MAZDA EZ-6」は日本にも来る!?
内装が超豪華! マツダ 新型FRスポーツセダン「MAZDA EZ-6」は日本にも来る!?

 新型EZ-6は2024年4月25日、北京モーターショーで初公開となったマツダの新たな電動モデルです。

 中国においてマツダと合弁事業のパートナーである長安汽車の協力のもと、長安マツダが開発・製造を行うもので、2024年中に中国で販売される予定となっています。

 ボディサイズは全長4921mm×全幅1890mm×全高1485mm。駆動方式は後輪駆動です。

 パワートレインは、BEV(バッテリーEV)とPHEV(プラグインハイブリッド)の2タイプが設定されます。

 航続距離は約600km(BEV/CLTCモード)。PHEVは1回の給油で1000km以上の走行(CLTC総合モード)を想定しているといいます。

 走行性能にもこだわりをみせ、BEVモデルの前後重量配分は50:50です。

 マツダでは「ドライバーの意図に対してクルマがリニアに反応するようブレーキやステアリングをチューニング。マツダらしい”人馬一体”を感じさせるダイナミック性能」と、新型EZ-6の走りについて説明しています。

 このほか新型EZ-6は、先進技術も多数搭載されます。

 先進運転支援機能としては、インテリジェントドライブ機能や、車外からでも音声操作が可能なインテリジェントパーキング機能などを採用し、事故のリスクやドライバーの負担を軽減させます。

 また音声、タッチ、ジェスチャーと、様々な方法での操作が可能なスマートキャビンなど、利便性を高めるスマート機能も多数採用します。

 スポーティな4ドアセダンのフォルムは、ほぼ同時期の2024年4月中旬に生産を終了した「マツダ6(旧・アテンザ)」との近似性を感じさせるほか、EZ-6の車名の“6”もマツダ6との血統を匂わせています。

 そのためSNSなどでは「次期マツダ6では!?」との噂も広まっているようです。

 今のところ国内での公開などは行われておらず、中国専用車という位置付けのようですが、日本など他地域での展開にも期待がかかるところです。

※ ※ ※

 重慶国際自動車ショーのマツダブースではこのほか、新型「CX-50 ハイブリッド」や新型「Mazda 3」なども出展されます。

【画像】めちゃカッコいい! マツダ「新型MAZDA6!?」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. マツダの重役が乗れるビッグサルーンか出来るだけ5ナンバーに近いFRのスポーツセダン出して欲しいですね。

  2. 次期マツダ6? そんな噂流してるのは、ベストカーとくるまのニュース位だろ!

  3. 長安マツダは、マツダの現地法人では無い。中国の国営企業 長安汽車とマツダの合弁会社だ。そんな事も知らんのか?ド文系は!!

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー