トヨタ新型「プリウス“セリカ”」!? まさかの「2ドアクーペ仕様」が超カッコイイ! “待望の復活”予想CGがスゴイ

トヨタのスポーツカー「GR86」 とハイブリッド車の代名詞「プリウス」を融合させて、往年の名車「セリカ」として復活…そんな発想と妄想で描いたCGをTheo throttle氏が公開しました。どのような仕上がりなのでしょうか。

セリカの復活はプリウス顔で…「プリウス“セリカ”」

 トヨタのスポーツカー「GR86」 とハイブリッド車の代名詞「プリウス」を融合させて、往年の名車「セリカ」として復活…そんな発想と妄想で描いたメーカー非公認のCGが公開されています。

 制作者はオートモーティブ・バーチャル・チューナーを肩書とするTheo throttle氏です。

プリウスのデザインはクーペでもカッコイイ!(Photo:Theo throttle)
プリウスのデザインはクーペでもカッコイイ!(Photo:Theo throttle)

 快適性を重視しながらスポーツカーっぽいカッコ良さをまとった、いわゆるスペシャリティカー。セリカは、その先駆けとして1970年に登場し、代を重ねるとともに、あるときは軟派なデートカーとして、あるときは硬派なラリーカーとして活躍しました。

 ただ時代の流れで2ドアクーペ市場は縮小。2016年、7代目を最後に37年の歴史に幕を下ろしました。

 あれからおよそ四半世紀。throttle氏は「もしトヨタがGR86のプリウス版をつくったらどうなるでしょうか? そのクルマをセリカと呼んでみてはいかがでしょうか」という思いで今回のCGを制作しました。

 全体のシルエットや寸法はGR86がベースになっており、その骨格に合わせてプリウスのフロントまわり(フロントバンパー、ヘッドライト、ボンネットパネルなど)、リアまわり(リアバンパーやテールランプなど)を調整して組み合わせています。

 ドアまわりはプリウスで、サイドシル(ロッカーパネル)の中央あたりから斜め上に切りあがるラインも再現されています。

 2ドアクーペ化されたプリウスのスタイルは、まさしくスペシャリティカー。セリカの名を冠しても合点がいくのではないでしょうか。

 もちろん、これは絵空事に過ぎません。そもそも2ドアクーペというスタイル自体、市場規模が小さくなっているので、おいそれと開発が進むわけはないでしょう。

 ただプリウスとセリカという新旧ビッグネームの融合は、往年のクルマ好きにとって結構心に刺さるのではないでしょうか。throttle氏の妄想レンダリングは、その出来栄えも含めて、見た人にワクワクとした楽しさをもたらしそうです。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「プリウスセリカCG」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. プレリュードど見分けがつきません

  2. プリウスとかいうしょーもないミサイル豚と名前を並べないでほしい。

  3. プリウスと一色単にするなや

  4. 車のデザイン評の表現は「超カッコいい」しかないのでしょうか。既にこの世は「超カッコいい」車であふれてますが。

  5. 何故、こんなヘッドライトデザインが続くのだろうか?
    個性的にするつもりが、没個性ʅ(◞‿◟)ʃ

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー