マツダ「新型“NE”ロードスター」どんなクルマに!? 直4継続? 俊足な「2シーターオープンカー」の今後とは

日本が誇る2シーターオープンスポーツカーのマツダ「ロードスター」。現行型はデビュー9年が経過しましたが、次世代モデルはどのように進化するのでしょうか。徹底予想しました。

次世代スポーツカー「アイコニックSP」との関係は!?

 1989年に初代モデルが登場し、2016年4月に世界累計生産台数100万台を達成したマツダ「ロードスター」は、日本が誇るライトウェイトスポーツカーです。
 
 現行モデルの4代目(ND型)は2015年5月のデビューから9年が経過しており、通常のサイクルならばそろそろモデルチェンジのタイミングですが、果たして次期ロードスターはどのようなクルマとなるのでしょう。

次期型「ロードスター」はどうなる!? 画像は海外のCGアーティストが予想したレンダリング[イメージCG:Theo throttle]
次期型「ロードスター」はどうなる!? 画像は海外のCGアーティストが予想したレンダリング[イメージCG:Theo throttle]

 先日、初代ロードスターで首都高を走る機会がありました。

 手の内で楽しめるサイズ感や、1.6リッターエンジンと5速MTの過不足ない加速は、最新の装備なんてなくても運転は楽しいということを改めて実感させてくれました。

 時代が変わっても、ロードスターであることを守り続けてきたロードスターが、次期型でどのような姿をみせてくれるのか、クルマ好きとしてはその行く末が非常に気になるところです。

 そんなロードスターは、現行型が2024年1月にマイナーチェンジが実施されたばかり。

 エクステリアのデザイン変更のほか、ディスプレイのサイズ変更、走行性能を引き上げるアシンメトリックLSDや新型電動パワーステアリングの採用、さらには先進支援技術のアップデートなど、ND型史上もっとも大きな改良が施されました。

 2023年まで販売されていた軽量モデル「990S」を「ND型の最終仕様だ」と信じて購入された人の中には、悔しく思っている人も少なくないことでしょう。

 エンジンも改良されており、1.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンは最高出力を3kW向上したほか、マニュアル車では最新のエンジン制御プログラムを導入しアクセル操作時のレスポンスが改善されました。

 マニュアル車にはさらに、サーキット走行に最適化したダイナミック・スタビリティ・コントロールの新制御モード「DSC-TRACK」なども追加しています。

 そんなロードスターの次期型は、はたしてどのような姿になるのでしょう。

 次期ロードスターと聞いて思い出されるのは、「ジャパンモビリティショー2023」でワールドプレミアされたコンパクトな2シータースポーツカーコンセプト「アイコニックSP」のことです。

 2基のロータリーエンジンを発電専用に使うPHEVのアイコニックSPは、全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mm、ホイールベースは2590mmというボディサイズで、現行ロードスター(3915mm)より長く、FD型「RX-7」(全長4290mm)よりもコンパクトというサイズ感。

 このスペックからすると、アイコニックSPは、ロードスターとはまったくのベツモノであり、おそらくマツダの未来のフラッグシップスポーツとして開発されるモデルなのでしょう。

【画像】めちゃカッコいい! マツダ「新型ロードスター!?」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー