マツダが新型上級セダン「EZ-6」初公開! 半円4連テールがイイ! マツダ6後継!?中国に登場!日本の販売店での反響は

中国で2024年内に発売される予定となっているの「MAZDA EZ-6」ですが、そのデザイン性の高さから日本の販売店にもさまざまな反響が届いているようです。

中国で新たに登場するマツダ「MAZDA EZ-6」

 2024年4月25日、中国の法人である長安マツダから新型電動車の「MAZDA EZ-6」を世界初公開しました。
 
 中国で2024年内に発売される予定となっているEZ-6ですが、そのデザイン性の高さから日本の販売店にもさまざまな反響が届いているようです。

豪華すぎる…! マツダ新型「MAZDA EZ-6」
豪華すぎる…! マツダ新型「MAZDA EZ-6」

 2024北京国際モーターショーで発表されたEZ-6ですが、同時に電動車のコンセプトモデルである「MAZDA 創 ARATA(マツダ・アラタ)」も世界初公開されました。

 MAZDA EZ-6はマツダと合併事業を行っている長安汽車の共同開発が行われる形で誕生。

 EZ-6は新型電動車の第1弾、アラタは第2弾の予定となっています。

 また、EZ-6は2024年内、アラタは2025年にそれぞれ中国での発売が予定されています。

 2024年内に中国で発売される予定のEZ-6はBEV(電気自動車)とPHEV(プラグインハイブリッド車)の2つの車種が設定される予定となっていて幅広いユーザーの需要に応える形となっています。

 EZ-6にはデザインテーマである”Authentric Modern”を掲げていて、洗練されているスタイリッシュな外観が印象的です。さらにセダンらしい、上品かつスマートな雰囲気に包まれています。

 エクステリアとしてはフロントフェイスには細目のヘッドライトが備わっており、よりシャープな印象を受けます。他にも光るシグネチャーウイングにより高級感と共に大型グリルを連想させます。

 テールライトは横一文字に加えて半円が左右でそれぞれ2つずつあしらわれている新たなデザインのテールライトとなっています。

 ボディサイドのドアハンドルは光るようになっていて、ここでもスタイリッシュさが演出されています。

 インテリアとしてまず目が惹かれるのは、センターの大型パネルでしょう。シンプルなベージュのカラーリングで空間が彩られていて、上品かつ高級感あふれるセダンとなっています。

 また、インテリジェントドライブ機能が搭載されていて、運転快適性と安全性能面に期待がもてます。

 他にも、インテリジェントパーキング機能によって、車外からでも音声操作ができるようになっている点に加え、スマートキャビンによってタッチや音声によって快適性が向上するさまざまな先進的な機能が備わっています。

 なお、ボディサイズは全長4921mm×全幅1890mm×全高1485mmとなっています。

 航続可能距離としては、BEVモデルについては約600km、PHEVモデルは1回の給油で約1000km以上を想定して開発が進められているようです。

【画像】超カッコイイ! マツダ新型「最上級セダン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 最近の日産車バリに安っぽさがでててダサい

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー