トヨタ「MR-S」ベースの「和製スーパーカー」!? 全長5.2mでMTもアリの「ドラゴン」に反響アリ! 公道走行可能な「DragStar」とは

カスタムメーカーValue Progress(バリュープログレス)が「ドラッグマシンのような、ロングノーズ・ショートデッキのスポーツカーが作りたい」という想いで手掛けた「DragStar F1 Dragon(ドラッグスター エフワン ドラゴン)」に、ユーザーから反響が集まっています。

ド迫力スポーツカー「DragStar F1 Dragon」に反響も

 世界には、様々なカスタムカーやコンセプトカーが存在します。
 
 なかでも2011年に登場した「DragStar F1 Dragon(以下、ドラッグスター エフワン ドラゴン)」は目を引く1台で、ユーザーからもさまざまな反響が寄せられています。

トヨタ「MR-S」なの…!? Value Progress「DragStar F1 Dragon」(Photo:バリュープログレス)
トヨタ「MR-S」なの…!? Value Progress「DragStar F1 Dragon」(Photo:バリュープログレス)

 カスタムメーカーValue Progress(バリュープログレス)が製作したドラッグスター エフワン ドラゴンは、「ドラッグマシンのような、ロングノーズ・ショートデッキのスポーツカーが作りたい」という想いから製作されました。

 製作した前年の2010年には、前身となる「DragStar F1(ドラッグスター エフワン )」を東京オートサロン2010に出展。東京国際カスタムカーコンテストでは、見事コンセプトカー部門にて優秀賞を受賞しています。

 この前身モデルからさらに進化を遂げたのがドラッグスター エフワン“ドラゴン”です。

 ベース車両はトヨタ「MR-S」で、前身モデルではサブフレームを作り、ホイールベースを1100mm延長。更なるボディ剛性を求め、その下にメインフレームを通しており、その結果、完全にフラットなフロアを実現しているといいます。

 ドラゴンでは前身モデルのヌードボディにフルエアロで完全武装をした進化版となっており、車検対応車両で、公道走行が可能です。

 ボディサイズは、全長5200mm×全幅2160mm×全高1180mm。レッドカラーが施された外観は、アグレッシブなデザインに仕上がっており、公道で走行すれば目を引く1台となるでしょう。

 パワートレインには、1.8リッター「1ZZ-FE」型自然吸気エンジン(直列4気筒DOHC・VVT-i)を備え、最大出力140ps/6400rpm、最大トルク17.4kgm/4400rpmを実現します。これに組み合わせるトランスミッションはMR-Sに準じ、MTもしくはAMTです。

 なおパーツは自由にカスタマイズできるよう、ボルトオンで製作されているといい、完全オーダーメイドでオリジナルなクルマを形作れるといいます。

※ ※ ※

 ドラッグスターF1ドラゴンはベースがMR-Sであるとは思えない、ド迫力な1台といえます。

 ユーザーからも「かっこいい!」「迫力すごい!」「走らせたら注目すごいだろうなあ」などさまざまな反響が集まっていました。

【画像】超カッコイイ! トヨタ「MR‐S」ベースの「ドラゴン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. 格好いい格好悪いは別として
    Aピラーとフロントウィンドウが元モデルのままだから違和感しかない。
    ここまでやるのであればその辺考えて元モデルを選定して欲しい

  2. カッコいいのかなあ?まるで赤いバットマンカー。自分的にはカッコよさは感じなかった。

  3. 「ドラッグマシンのような、ロングノーズ・ショートデッキのスポーツカーが作りたい」

    なぜ、MR-Sを選んだ?

  4. デコトラにしか見えない

  5. 好き嫌いはあるだろう。個人的にはごちゃごちゃし過ぎ。80年代の族車にしか見えなかった。内装もベース車の貧相な内装のままなので、内装もイチから作り込んでほしかった。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー