日産「最後のGT-R」発売へ “R35型” 17年の歴史に幕… 再び消える「GT-R」はまだ「新車購入」できるのか

日産が「最後のR35」としている「GT-R 2025年モデル」は、まだ新車で購入できるのでしょうか。

「最後のGT-R」 “まだ”新車で買うことはできるのか

 日産は2024年3月14日、新型「GT-R」(R35型・2025年モデル)を発表しました。
 
 この2025年モデルをもってR35型は生産終了となることから、スポーツカーファンを中心に大いに注目されていますが、販売は抽選となっています。購入することはできるのでしょうか。

再び消える「GT-R」 最終モデルは買えるのか
再び消える「GT-R」 最終モデルは買えるのか

 GT-Rシリーズは日産のスポーツセダン「スカイライン」をベースにレースに勝つことを目的とした超高性能モデルとして、1969年の3代目(通称ハコスカ)に初設定された「スカイライン 2000GT-R」が起源です。

 歴代では2回、系譜が途絶えた経緯を持つものの、いずれの世代においても国産スポーツカーの代名詞として、国内外に多くのファンを持つモデルとなっています。

 このうち、いわゆる“第3世代”と呼ばれるR35型は、“第2世代”からおよそ5年のブランクを経た2007年12月に登場しました。

 通算6代目のR35型は、従来から続いてきた“スカイラインの超高性能モデル”という立ち位置からは独立し、新たに「スーパーカー」としての側面を持つモデルとして誕生。

 エンジンは匠の手によって組み上げられる3.8リッターV型6気筒ツインターボ「VR38DETT」型を搭載し、登場当初のモデルで最高出力480馬力・最大トルク60.0kgf.mを発揮します。

 これに進化した四輪駆動システムや6速デュアルクラッチトランスミッション、独立型トランスアクスルなどを採用し、走行性能を大幅に向上させています。

 以来、17年にわたりラインナップされ続け、度重なる商品改良やマイナーチェンジを実施し、デザインの一新に加えパフォーマンスの向上も図られるなど、常に最先端の走りが追求されてきました。

 今回発表された2025年モデルは、上級タイプ「Premium edition」に、青を基調とした専用特別内装色である「ブルーヘブン」を新たに設定。

 また、「Premium edition T-spec」と「Track edition engineered by NISMO T-spec」のエンジン内部部品であるピストンリング、コンロッド、クランクシャフトなどに、今まで「GT-R NISMO Special edition」のみに採用していた高精度重量バランス部品を採用。レスポンスの精度を高め、性能を磨き上げたといいます。

 なおこの2モデルには、赤文字で“匠”の名が刻まれたアルミ製ネームプレートと、ゴールドのモデルナンバープレートを、新たにエンジンルーム内に採用しています。

 日産広報部によると、R35型は部品供給の見通しが立たないことから、2025年8月に生産終了を予定しているとしており、この2025年モデルはR35の最終モデルとなりました。

 価格(消費税込)は1444万3000円から3061万3000円に設定されています。

【画像】「えっ…!」これが「R36 GT-R」の姿!? 画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. GT-Rニスモは駆け抜ける神話

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー