東名・新東名に並行する「第3の高速道路」工事進行中!? “地獄渋滞”国道246号の救世主「厚木秦野道路」で一体どれだけ便利になるのか

神奈川県で、東名と新東名に並行する「厚木秦野道路」の工事が進んでいます。完成すればどう便利になり、どこまで工事が進んでいるのでしょうか。

「渋滞ヤバイ」国道246号のバイパス道路

 神奈川県で、東名と新東名に並行し、東西方向を結ぶ「第3の高規格道路」の建設が進んでいます。
 
 その名前は「厚木秦野道路」。完成すればどう便利になり、どこまで工事が進んでいるのでしょうか。

新東名の伊勢原JCT(画像:写真AC)。
新東名の伊勢原JCT(画像:写真AC)。

 厚木秦野道路は、厚木市から秦野市に至る、長さ29.1kmの高規格道路です。各所で深刻な渋滞に悩まされている「国道246号」のバイパスとして、国の事業が進んでいます。

 ルートは、圏央道の圏央厚木ICを起点とし、新東名の伊勢原大山ICで交差してさらに南下。東名の秦野中井ICに接続すると、北西に進路を変えて新東名の新秦野ICへ直結するものです。

 北へ南へルートをとり、国道246号や新東名、東名をサポートしていく厚木秦野道路。完成すれば、国道246号の生活交通から逃れて、信号の無いスムーズな移動が期待できます。それどころか、高速の渋滞ポイント「海老名JCT」「秦野中井IC」をスルーして、圏央道との連絡が可能になります。

 最終計画は4車線ですが、まずは暫定2車線での先行開通をめざします。全線で、計11か所のトンネルが計画されています。

 気になる進捗ですが、厚木~伊勢原~秦野のうち、事業化しているのは総距離の約半分の13.6kmです。具体的には以下の2区間(3工区)です。

【厚木地区】圏央厚木IC~厚木北IC(3.6km)
 用地取得率は2023年3月現在で、約69%。現地では、時間のかかる「中津川橋」の工事が先行して進められているところです。すでに橋脚がニョキニョキと姿をあらわし、橋桁を架ける準備が整いつつあります。

【伊勢原地区】伊勢原大山IC(伊勢原北IC)~伊勢原西IC(4.8km)
 用地取得率は約93%で横ばい。工事がもっとも進展しているのが、新東名のすぐ近くにある「鈴川橋」で、すでに床版が架かって舗装待ちの状態となっています。次はいよいよ、山を抜けるトンネルの掘削に着手する予定となっています。

【秦野地区】伊勢原西IC~秦野中井IC(5.2km)
 2014年に事業化した、もっとも新しい工区です。用地取得率は約7%。まだ目立った工事は進んでいませんが、工事範囲にかかる農業用水の事前調査など、準備が進められているところです。

【画像】超便利!? これが「厚木秦野道路」のルートと工事状況です(地図)(27枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー