渋滞135分!? 中央道「地獄のGW渋滞」いつ走れば回避可能? 「穴場の時間帯」を知れば全然混んでないことも 「ずらし移動が効果的」NEXCOの予測は

ゴールデンウイークは中央道で大渋滞が発生します。最大135分にもおよぶ渋滞はいつ発生し、逆にいつ空いているのでしょうか。

中央道もやっぱり大渋滞

 いよいよ近づいてきた大型連休「ゴールデンウイーク」。
 
 2024年のGWは「4月27日(土)から3連休、平日3日を挟んで、5月3日(金祝)から4連休」という形です。
 
 気になるのが高速道路の大渋滞です。その中でも、特にひどい渋滞が起きるのが、首都圏から甲信越方面の唯一のルートとなる「中央道」です。
 
 NEXCO各社が渋滞予測を発表しています。中央道は、いつから渋滞が始まって、いつどこが渋滞がひどくなるのでしょうか。

渋滞する高速道路のイメージ
渋滞する高速道路のイメージ

 首都圏の中央道といえば、連休を問わず常に混雑している区間があります。小仏トンネル、八王子JCT、国立府中IC、日野バス停、高井戸出口などです。特記が無い場合も、このあたりは朝夕ラッシュに何かしらの混雑が起きがちなので、常に注意しておきましょう。

【4月26日(金)】
 連休前の最後の平日。いつもと違う渋滞は、特段見られないと予測されています。

【4月27日(土)】
 連休1日目。下り(甲府方面)は、日野バス停IC付近で5時~13時で最大15km・45分、相模湖IC付近で5時~14時で最大10km・30分の見込み。

【4月28日(日)】
 連休2日目。引き続き下りは、日野バス停IC付近で4時~13時で最大15km・45分、相模湖IC付近で5時~13時で最大10km・30分の見込みです。

 特筆すべきは上り(東京方面)で、連休を利用して東京周辺に遊びに来る人のラッシュが起きるようです。小仏トンネル付近で、午後から大渋滞の見込みです。14時台から渋滞がはじまり、17時台には20km以上の渋滞となり、23時ごろまで続きます。

【4月29日(月祝)】
 連休3日目。「GW前半の3連休」の最終日です。

 下りは特段の渋滞は無し。いっぽう、上り(東京方面)は小仏トンネル付近で、昼から大渋滞の見込みです。11時台から渋滞がはじまり、16時台には「30km以上」の大渋滞となり、通過時間は最大2時間。渋滞は23時ごろまで続きます。

【画像】えっ…!? これが「中央道」の全日程の「GW渋滞パターン」です(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 逆にその時間帯にみんなが集中したらどうなる?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー