今年のスバルはひと味違う? モータースポーツでBEVを鍛える!? 「次世代スバルの走り」を探求って? 何が起きるのか

スバルは多方面でモータースポーツ活動を行っていますが、今後はそこに「BEVでの次世代スバル」を探求することが加わるようです。どういうことなのでしょうか。

今年のスバルはひと味違う?

 スバルは2022年からスーパー耐久シリーズ(以下:S耐)のST-Qクラス(開発車両が参戦可能なクラス)に「Team SDA Engineering」として参戦しています。
 
 BRZを用いてCN燃料の実証実験、次期モデルに繋がる先行開発、そして人材育成を行なってきました。

 中でも、同じ志で参戦するROOKIE Racing GR86とのガチンコ対決は、毎戦白熱したバトルを見せてくれました。

今年のスバルは何か違う?
今年のスバルは何か違う?

 今年で3年目となるTeam SDA Engineeringの活動ですが、その内容は少し変化しています。

 チーム代表である本井雅人氏は、1月の東京オートサロン2024会場で行なわれた「2024年スバルモータースポーツ活動計画」でこのように語りました。

「人材育成については不変ですが、今シーズンは将来のBEVを含めた市販車へのフィードバックを目的とした活動に切り替えます。

 シーズン途中から新たなマシンに変更し、近い将来お客様に届けられる技術を織り込みながらレース現場で車両を鍛えていきます」

 2024年シーズンのS耐の開幕戦はスポーツランド菅生で4月20-21に行なわれますが、それに先駆け3月31日に同サーキットで公式テストを実施。

 筆者は本井氏にもう少し突っ込んだ話を聞くために、足を運びました。

 早速SDAのピットに行くと、本井氏から「名刺が新しくなりました」と。肩書を見ると「経営企画本部」とありますが、本井氏は「会社からは『スバルのモータースポーツ活動を横串刺して見てほしい』と言われています」と教えてくれました。

 それはどういう事なのでしょうか。実はスバルのモータースポーツ活動は大きく2つに分かれています。

 1つはスバル自ら行なうもので、S耐に加えて全日本ラリー選手権(JRC)での技術サポートです。

 今年からWRX S4で戦う新井敏弘選手率いるSubaru Team ARAIにエンジニアが帯同。開幕戦の三河湾ラリーでは新たなトライ(専用DCCD制御)が行なわれました。

 結果はリタイヤでしたが、新井選手は「思ったよりもタイムが出ているので、クルマもとても良くなっている」と手ごたえを感じていたようです。

 更にS耐ではシーズン途中で新たなマシンへの変更を公言していますが、本井氏は新マシンについて意味深なコメントを。

「ラリーとレース、技術のやり取りは積極的にやるべきだと思っています」

 これに加えて、2024年スバルモータースポーツ活動計画の時に映し出された画像(BRZの後ろにチラッと映ったモデル)から推測すると、WRX S4なのは間違いなさそうです。

スバルのモータースポーツ活動を横串刺しで見ることになった本井氏
スバルのモータースポーツ活動を横串刺しで見ることになった本井氏

 もう一つはSTI社がリードして行なっているもので、スーパーGTとニュルブルクリンク24時間耐久レースです。

 スーパーGTはチャンピオン奪回、ニュル24時間はSP4Tクラス優勝が目標となっています。

 ちなみに今年のニュルは2009年に初参戦以降、長年に渡って陣頭指揮を取ってきた辰己英治氏のラストレースで、氏は「何としてでも勝って帰るつもりです」と語っています。

 実はこの活動にはスバルも間接的に関わっています。本井氏は続けます。

「形態やアプローチは異なりますが、どちらも『量産車開発』のために行なっている活動です。

 ただ、それそれの活動は独自に行なわれているため、『共有できているか?』と言われると。そこを何とかする事こそが、私のミッションであり役割と言うわけです」

【画像】めっちゃカッコいい! 斬新「2ドアセダン」の画像を見る(29枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー