2.5リッターエンジン搭載! “爆速ターボ”のマツダ「MAZDA 3」登場か!? 「2.0Lロードスター」登場の影で期待される「新モデル」とは

2024年1月開催の「東京オートサロン2024」で、高性能モデルの「マツダ3」登場を示唆するモデルが登場しました。一体どういうことなのでしょうか。

マツダファン「歓喜」の2モデルが登場! 市販化は?

 2024年1月に開催されたカスタムカーイベント「東京オートサロン2024」で、マツダは“ロードスターファン”にとって思わぬサプライズを提供しました。
 
 同社ブースに展示されていたオープンスポーツカー「ロードスター」の“ソフトトップ(幌車)”に、排気量2リッターのエンジンが搭載されていたのです。

2.5リッターターボを搭載していた「MAZDA SPIRIT RACING 3 concept」
2.5リッターターボを搭載していた「MAZDA SPIRIT RACING 3 concept」

「ND型」と呼ばれる現行世代のロードスターのソフトトップ(国内仕様)に搭載されるエンジン排気量は1.5リッターのみ。

 一方で、電動開閉式ハードトップを組み合わせる「ロードスターRF」ではひと回り大きな排気量の2リッターエンジンを積んでおり、またソフトトップでも海外向けは2リッターエンジンが搭載されています。

 国内向けのソフトトップに2リッターエンジンを組み合わせない理由に関して、マツダは「ロードスターのソフトトップには1.5リッターがベストバランスだから」と説明しています。その理念を多くのロードスターファンが支持しているのも事実です。

 しかし、なかには「さらにパワーのあるロードスターも欲しい」として「2リッターエンジン待望論」があるのもまた事実。

 そんななか、「MAZDA SPIRIT RACING RSコンセプト」はカスタマイズされた参考出品とはいえ、2リッターエンジンを積んだロードスター幌車の公開として大きな話題となりました。

 関係者によると同車は「市販を見据えている」とのことですが、一方で「『MAZDA SPIRIT RACING』は特装車のような扱いで、通常のカタログモデルではない」とも言います。

 つまり、もし発売されたとしても(発売されるのは確定と考えていいのですが)、位置づけは通常のロードスターとは別路線。

 イメージとしては日産の「NISMOロードカー」(「Z NISMO」や「GT-R NISMO」のようなスペシャルな仕立て)やトヨタの「GRMN」のような、カタログモデルとは一線を画する特装車なのです。

 かつて2代目(NB型)に設定された「ロードスター ターボ」のように、マツダの関連会社である「マツダE&T」が架装して市販となるのではないでしょうか。

 オートサロン会場で車両を説明してくれたスタッフは「サーキットを楽しむためのスペック」といいますから、締め上げたサスペンションやバケットシートなどを標準採用すると考えるのが自然。

 一般的なロードスターとは世界観の異なるモデルとなるでしょう。

 ところで、東京オートサロンではロードスターのほかにも「MAZDA SPIRIT RACING」のコンセプトモデルがお披露目されました。「MAZDA SPIRIT RACING 3 コンセプト」です。

【画像】「えっ…!」 これが「爆速ターボのマツダ3」です!(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー