スバルの「新型モデル」に搭載!? 次世代EV用「eAxle」をアイシンと共同開発へ

スバルとアイシンは、スバルが2020年代後半から生産開始するバッテリーEVに搭載するeAxleを共同開発・分担生産することに合意したことを発表しました。

スバルとアイシン、次世代電動車両用eAxleに関する協業を開始

 2024年3月12日にスバルとアイシンは、スバルが2020年代後半から生産開始するバッテリーEVに搭載するeAxleを共同開発・分担生産することに合意したことを発表しました。

スバルのBEV戦略に進展!? アイシンとの次世代電動車両用eAxleに関する協業を開始
スバルのBEV戦略に進展!? アイシンとの次世代電動車両用eAxleに関する協業を開始

 eAxleとは、バッテリーEVなどモーターを主動力とするクルマが走るために必要な主要部品をひとつにまとめたものです。

 主にギア、モーター、インバーターといった部品から構成されています。

 そのeAxleをスバルとアイシンがそれぞれの車両並びに変速機開発に関する知見・ノウハウを持ち寄り、高効率・軽量コンパクトをコンセプトに共同開発。

 ユーザーの使用環境を考慮した諸性能を実現すべく開発を進めていくとしています。

 また、車両の電動化の進展で事業環境が大きく変化する既存サプライチェーンの維持・発展を考慮し、両社で最適な部品調達先、生産スキームを検討するとしています。

 本件に関してスバルは「カーボンニュートラル社会実現への貢献を目指して2050年に向けたロードマップを定め、電動化などの取り組みを加速させています」と話しています。

 対してアイシンは「『生産』と『製品』の両軸でカーボンニュートラル社会の実現を目指しており、最重点製品であるeAxleについては小型化・高効率化に向けた技術の開発に取り組んでいます」と説明しています。

今後スバルは複数のBEVを投入していく
今後スバルは複数のBEVを投入していく

 またスバルとアイシンは「今後も様々な領域で協業の可能性を追求し続け、両社ならではの高付加価値商品・技術を実現することで、電動化社会の更なる発展に寄与してまいります」とコメントしています。

【画像】これは期待! めっちゃカッコいい! 「スポーツモビリティ」の画像を見る(29枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー