東北道「花巻PAスマートIC」3月開通! 既存ICから“たった1.9kmの場所”に造ったワケは?

東北道の花巻PAスマートICが、2024年3月に開通します。

花巻PAに接続

 岩手県と花巻市、NEXCO東日本東北支社は2024年1月26日、東北道の花巻PAスマートICが3月20日15時に開通すると発表しました。

東北道の花巻PAスマートICの完成イメージ(画像:NEXCO東日本)
東北道の花巻PAスマートICの完成イメージ(画像:NEXCO東日本)

 花巻PAスマートICは、東北道の北上江釣子IC(岩手県北上市)から北へ7.9km、花巻南IC(花巻市)から南へ1.9kmの位置にある花巻PA(同)に設置されます。

 接続する一般道は、下り線側は県道103号花巻和賀線、上り線側は市道山の神諏訪線です。

 なお、東北道の本線からこのスマートICで出る場合、花巻PAは利用できず、そのまま一般道へ進むことになります。

 出入口は、ETC車載器を搭載した全車種が24時間利用できます。

 花巻PAスマートICは前述のとおり既存の花巻南ICから1.9kmしか離れていませんが、スマートICの設置により、近くにある複数の工業団地や地方卸売市場、半導体大手キオクシアの北上工場、除雪機メーカー和同産業などへのアクセス性が向上。

 さらに県立中部病院への救急搬送時間短縮や、道の駅「はなまき西南」、富士大学スポーツセンターの利便性向上などのメリットがあるといいます。

 スマートICから花巻市中心部(駅・市役所方面)や国道4号花巻東バイパスへもアクセス性が向上します。

 岩手県と花巻市の試算によると、花巻PAスマートICの整備により新たに1万4800人ほどが高速道路ICから10分圏内の範囲に入るそうです。

 花巻PAスマートICへの通行料金(ETC通常料金、普通車)は、東北道の浦和本線から1万200円、仙台宮城ICから3690円、盛岡南ICから1040円、秋田道の秋田南ICから3230円です。

【地図】花巻の新たな玄関! 東北道「花巻PAスマートIC」の位置を地図で見る(11枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー