マツダが新型「スポーツカー」発売! 精悍デザイン採用&すごい進化! 何が変わった? 「ロードスター」に対する反響は?

2024年1月中旬に発売されたマツダ新型「ロードスター」は何が変わったのでしょうか。またマツダ販売店にはどのような反響が寄せられているのでしょうか。

何が変わった? 新型ロードスター! 実はすごい変わった!

 2023年10月5日に発表され、2024年1月中旬に発売されたマツダ新型「ロードスター」。
 
 同社が掲げる「人馬一体の走りの楽しさ」をより進化させたモデルとなりますが、マツダの販売店にはどのような声が届いているのでしょうか。

大きく進化した新型「ロードスター」
大きく進化した新型「ロードスター」

 今回の改良では現代に求められる新たな安全法規に適合しながら「ロードスターらしさ」を追求したことで様々な部分が進化し、現行となる4代目モデルとしては最大の改良となります。

 エクステリアでは、ヘッドライト(デイタイムランニングランプ)の変更により、顔の印象を変更。

 リアコンビネーションランプは、歴代モデルに採用される「円形+楕円」のモチーフをより鮮明に表現しています。

 インテリアには、インパネに8.8インチセンターディスプレイを新設定。これは前方の視界を確保しつつエアバッグ作動時の干渉を避けるために画面の縁部分をできるだけ狭くしたフレームレスデザインを採用しました。

 さらにスポーツタン内装とベージュ幌のカラーコーディネーションも新たに設定されました。

 先進安全機能では、設定した速度での定速走行や、車間距離を一定に保って走行するための運転支援機能「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (MRCC)」や、約15km/h以下で後退中にクルマの左右や後方に接近してきた車両を検知する「スマート・ブレーキ・サポート[後進時左右接近物検知機能(SBS-RC)]」を新採用しています。

 人馬一体の走りの楽しさにおいては、エンジンパフォーマンスフィールを進化させました。

 SKYACTIV-G 1.5では、国内ハイオクガソリンに合わせた専用セッティングを施すことで更なる高効率化を実現することで、馬力の向上に加えて加速の伸び感を強化しています。

 さらにMT車にはSKYACTIV-G 2.0も含めた駆動力制御に最新の制御ロジックを導入し、アクセル操作時のレスポンスを改善。

 操作製では、より軽やかで正確なステリングフィールを実現するため、ステアリングシステムにも改良を加えています。

 さらに今回は、加速・減速時のデファレンシャルギヤの差動制限力を変化させることで、リアタイヤの接地荷重変化に対してクルマの旋回挙動を安定させる新しいLSDの技術として「アシンメトリックLSD」を一部グレードに設定しました。

 その他、モータースポーツを安全に楽しむためにサーキットでの走行に最適化した「DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)」の新制御モード「DSC-TRACK」を新たに追加しています。

 このように様々な部分まで手を加えられた新型ロードスターですが、マツダ販売店にはどのような声が届いているのでしょうか。

 首都圏のマツダ販売店は次のように話しています。

「昨年秋の発表以降、多くのお問合せを頂いています。ロードスターはクルマ好きのお客様が多いためどのような改良があり、走りにどのような効果があるのか、という質問を頂きます。

 また新たに興味を示しているお客様からはタイプやグレードの違いなどの問合せを頂くこともあります」

 中部圏のマツダ販売店は次のように話しています。

「今回の改良は4代目で最大のものです。とくにダイナミック性能の進化が大きいため、各改良ポイントについて細かな違いなどを質問されます。

 また見た目ではライト類が変更されたことで、印象が変わったことから『このデザインはイイね』というお声を頂きます」

 また関西圏のマツダ販売店では次のように話しています。

「今回新たに『S Leather Package V Selection』が追加されました。

 これはレトロな印象に加えて内装や幌が変わっています。すでに既存ロードスターのお客様がこれに乗り換えを検討されている話も聞いています」

※ ※ ※

 今回、4代目最大の改良が施されたロードスターですが、グレードや価格も整理・変更されています。

 たとえば、ソフトトップ仕様の「特別仕様車BROWN TOP」やハードトップ仕様の「VSWhite Selection」などが廃止されました。

 その他、価格も変更されており、ハードトップ仕様のベース「Sグレード(6速MT)」が268万9500円から289万8500円に。最上級の「RSグレード(6速MT)」が342万2100円から367万9500円に改定。

 ソフトトップ仕様のベース「Sグレード(6速MT)」が352万7700円から379万6100円に。最上級の「RSグレード(6速MT)」が398万8600円から430万8700円に改定されました。

 SNSでは「こんだけやっての価格改定だからしょうがない」というような声が見られる一方で「ついにロードスターで400万円を超えるグレードが出たのか」という声もありました。 

※ ※ ※

 また東京オートサロン2024では、マツダ「MAZDA SPIRIT RACING RS concept」を展示。

 これは国内初投入の2リッターエンジンを搭載したソフトトップモデルのロードスターとなり、大きな話題となっていました。

【画像】「えっ…!」これがスゴい「新型モデル」です。画像を見る!(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー