「絶対欲しくなる」? マツダ新型「ロードスター」世界初公開! 国内初2L+幌屋根仕様! 爆速新型「ハッチバック」と合わせて期待の声!

マツダが東京オートサロン2024で、コンセプトカーの新型「MAZDA SPIRIT RACING RS concept」「MAZDA SPIRIT RACING 3 concept」を世界初公開しました。どのような反響が寄せられているのでしょうか。

コンセプトカー2モデルを初披露

 マツダは2024年1月12日、東京オートサロン2024の会場(幕張メッセ、千葉市美浜区)で、コンセプトカーの新型「MAZDA SPIRIT RACING RS concept」(以下、RS concept)と新型「MAZDA SPIRIT RACING 3 concept」(以下、3 concept)を世界初公開しました。これらに対しSNSではどうのような反響が寄せられたのでしょうか。

マツダ「MAZDA SPIRIT RACING RS concept」
マツダ「MAZDA SPIRIT RACING RS concept」

 マツダは2021年にレーシングチーム「MAZDA SPIRIT RACING」を立ち上げ、スーパー耐久シリーズ、ST-Qクラスへの参戦を開始。2023年からは、「ロードスター」と「MAZDA3」の2台でシリーズ参戦を行っています。

 今回披露されたのは、MAZDA SPIRIT RACINGブランドから登場させるべく、市販化に向けて開発を進めているというスペシャルモデルのコンセプトカーです。

 第1弾のRS conceptは、国内初投入の2リッターエンジンを搭載したソフトトップモデルのロードスターです。

 会場で毛籠勝弘社長は、「スーパー耐久シリーズで培ったノウハウを生かし、そのままサーキットでも楽しめるクルマを目指し、エンジンと足回りに手を加えた上で、このモデルのようなレーシーなアピアランス(見た目)に仕立てるつもり」と説明。

 さらに「現ロードスターオーナーはもとより、もう少し“速さ”にこだわる方々も魅了できるクルマを目指す」といいます。

 第2弾の3 conceptは、MAZDA3をベースにしていますが、基本的な考え方はRS conceptと同じです。

 スペックなど詳細は検討中といいますが、3 conceptも「スーパー耐久シリーズで戦っている55号車のイメージとつながる『モータースポーツの直系』であることを感じてもらえる内容に仕立てたい」と毛籠社長は意気込みを語りました。

 この両モデルについてSNSでは、「ホンマに市販されんねやろか」「Rマークちょっとかっこいい」「できればREを積んだグレードがほしい」「市販したら絶対欲しくなるけど、手が届かない価格になりそう」など、期待や戸惑いの声が多くありました。

 また、RS conceptについては、「遂に2リッターの幌モデルが出てしまうのですね」「2L幌も日本やっと出んのか?」「ロードスターの2Lって楽しいやつやん」「可能なら900kgを目指してもらいたい」「おじさんの走り屋心をくすぐるデザイン」など、歓迎する投稿が目立ちました。

 両モデルとも具体的な発売時期は未定といいますが、今後のMAZDA SPIRIT RACINGの取り組みに注目です。

【画像】世界初公開! これがマツダ「ロードスター“爆速仕様”」です! 画像で見る(33枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 240エリーゼ持ってるからいらないや!

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー