マツダ「新型ロータリースポーツカー」実車展示! 「次期RX-7」思わせるリトラライト&2ドアモデルが登場! 再度お披露目で市販化なるか

マツダは2023年11月23日から4日間開催された「名古屋モビリティショー2023」に、新型コンセプトカー「MAZDA ICONIC SP(アイコニックSP)」を出展しました。

「新型ロータリースポーツカー」が名古屋にも登場

 マツダは2023年11月23日から4日間、ポートメッセなごや(名古屋市港区)で開催された「名古屋モビリティショー2023」に出展しました。
 
 同社のブースでは10月28日に開催された第一回「ジャパンモビリティショー2023」で世界初公開された「MAZDA ICONIC SP(アイコニックSP)」も展示されました。

東京に続き名古屋でもお披露目 市販化への期待が加速
東京に続き名古屋でもお披露目 市販化への期待が加速

 アイコニックSPは、ロータリーエンジンを搭載した2シータースポーツカーのコンセプトモデルです。

 マツダの企業理念である「前向きに今日を生きる人の輪を広げる」を具現化し、人々の中にある「クルマが好き」という気持ちに応えた未来の提案だといいます。

 ボディサイズは、全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mm、ホイールベース2590mmとコンパクトに抑えられています。

 パワートレインは、最大出力370馬力を発揮する「2ローターRotary-EVシステム」を搭載。

 マツダ独自のロータリーエンジンは、様々な燃料を燃やせることが特徴ですが、このエンジンで発電した電気はバッテリーに蓄えられ、モーターで駆動するPHEVとなっています。

 バッテリーを搭載しつつも、車両重量はわずか1450kgに抑えられているほか、前後重量配分も理想とされる50:50に近づけることで、高い走行性能を実現しました。

 エクステリアはロータリーエンジンのコンパクトさを活かしたもので、往年のスポーツカーである3代目「RX-7」(FD3S型)や初代「ロードスター」(ユーノスロードスター・NA型)などの要素が取り入れられたデザインです。

 これに最新の「魂動デザイン」の要素もマッシュアップされており、なめらかで流麗なスタイリングとなっています。

 ヘッドライトは上部に開くリトラクタブル式を採用。テールランプは丸目4灯デザインとなり、さまざまなマツダの名車のデザインがオマージュされています。

 ボディカラーは「ヴィオラ レッド」で、初代ロードスターの明度・彩度を上げた鮮やかなカラーに仕上げられています。

 インテリアは植物由来のファブリックを使うことで、サスティナブルにも配慮されており、エクステリアの鮮烈なレッドとは対照的な藍染のカラーを採用。

 インパネやドアトリムはスエード調となっており、ステッチが施されるなど上質な仕上がりですが、直線基調のインパネや大きく張り出したメーターフード、3本スポークのステアリングなどがスポーティさを感じさせます。

 ジャパンモビリティショーでの公開時には「RX-7の復活」などと言われ、多くのスポーツカーファンの話題になっていたほか、市販化についても期待がかかっていました。

 現時点ではマツダはすぐの市販化予定はないとしつつも、会場での反響次第では今後につながることもあるといい、ジャパンモビリティショーに続き今回の名古屋モビリティショーにおいても注目の存在となっています。

※ ※ ※

 なお、名古屋モビリティショーにおいてマツダブースでは2/3スケールのロードスターや、改良で新たに設定されたエアログレーメタリックカラーの「ロードスターRF」が出展されました。

【画像】「えっ…!」 これが「新型ロータリースポーツカー」の内装です! 画像で見る(48枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. マツダは昔からコスモスポーツといい、ロードスターといい、RX-7といいスタイルの良い車をつくるね。

  2. 自分はFC、FDと乗り継いできて、今はBCNR33を20年くらい乗っています。
    かっこいいですね。
    思うのは、あの頃は頑張って買えたけど、これもすごい値段になるんだろうなと。
    都内に住んでいますが最新のNSXは見たことがない。レクサスLFAは品川で一回見ました。フラッグシップとは言ってお高いんじゃ一部の人しか買えません。せめて頑張れば位の値段で売って下さい。

  3. 42年前
    SA22のRX7の初期型と中期のノンターボRX7と2台乗り継ぎました。当時国内最高の動力性能とカー雑誌で歌われてましたが中古車になると激安スポーツと言われてました。人気もそれなりでしたが…しかしその中古SA22Cに試乗させてもらいその鋭い加速と軽々と回る高回転に魅了され驚き買ってしまいました。
    またあの感動を思い出しました。
    ロータリーは不滅ですね!
    市販される事を楽しみにしております。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー