マツダが「新型ロータリースポーツカー」実車初公開! 「次期ロードスターorRX-7なの?」 斬新「アイコニックSP」に寄せられた声とは

「アイコニックSP」を「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」で世界初公開したマツダ。あくまでもコンセプトカーですが販売店にはどのような反響が寄せられているのでしょうか。

アイコニックSPはどんな特徴を持っている?

 マツダは「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」にて「アイコニックSP」を発表し、高い注目を集めました。
 
 あくまでもコンセプトモデルとなっていますが、ファンは気になるモデルです。マツダ販売店には反響が寄せられているのでしょうか。

マツダが世界初公開した「アイコニックSP」に対して販売店にもう声が寄せられているの?
マツダが世界初公開した「アイコニックSP」に対して販売店にもう声が寄せられているの?

 アイコニックSPはマツダスポーツカーのアイコン的な存在であり、マツダらしいデザインを踏襲してこれからも方向を定めて同じように作っていくとの決意表明ともいえます。

 大きさは全長4180mm×全幅1850mm×全高1150mmで、ライトウェイトスポーツカーを目指してデザインされました。

 心臓部にはマツダが誇りを持っているロータリーエンジンを発電に使う「2ローターRotary-EVシステム」を搭載。

 軽量・コンパクトなロータリーエンジンをクルマ中央部に寄せて搭載するコンセプトにより、スポーツカーの理想とされる50:50を実現。

 他にもヘッドライトにはリトラクダブルヘッドライトを採用していますが、これは歴代RX-7やユーノスロードスターをモチーフにしているのが特徴です。

 ドアは一般的なヒンジ式ではなく斜め上方に開くシザーズドアを採用したり、フロントウインドウの端には黒い分割ラインを採用しています。

 ボディカラーにはマツダのイメージカラーである赤色を施して、マツダの企業理念に合わせて作られたビオラレッドです。

 このようにマツダの歴史を凝縮したような装備や性能だけでなく、使用されているカラーもスポーツカーアイコンを意識していると考えられます。

 細かい部分までこだわりを持って取り組んでいることから、即市販化とはなりませんが、少しずつ改良を加えて将来的に発売されることに期待が寄せられます。

【画像】「えっ…!」 これがマツダの新スポーツカー? 斬新デザインを画像で見る(50枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 最高♡

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー