「精悍顔」のオシャレ系コンパクトがファイナル! マイチェン直前の特別仕様車「ルーテシア アントラクト/エディションフィナル」発売

ルノージャポンは、ルノー「ルーテシア」「ルーテシア E-TECH FULL HYBRID(イーテック フルハイブリッド)」の各現行モデルに特別仕様車を設定しました。

マイナーチェンジを目前に控えた最後の特別仕様車を設定

 ルノージャポンは2023年11月2日、ルノー「ルーテシア」「ルーテシア E-TECH FULL HYBRID(イーテック フルハイブリッド)」の各現行モデルの生産が間もなく終了となるため、最後の特別仕様車を設定すると発表しました。

この“顔”もファイナル! 写真は特別仕様車「ルーテシア インテンス エディションフィナル」
この“顔”もファイナル! 写真は特別仕様車「ルーテシア インテンス エディションフィナル」

 ルーテシアは、1990年に初代モデルが登場したルノーのコンパクトハッチバック車です。

 フランス本国などでは「クリオ」の名で発売されるベストセラーモデルで、2019年に発表された現行型で5代目となります。

 日本においても歴代モデルが発売されており、現行型は2020年に発売を開始しました。

 ボディサイズは全長4075mm×全幅1725mm×全高1470mm、ホイールベース2585mm。

 アライアンスを組む日産との共同開発によるCMF-Bプラットフォームを使用し走行性能や安全性を高めるとともに、先進運転支援機能(ADAS)を充実させています。

 日本仕様ではまず最高出力131ps、最大トルク240Nmを発生させるパワフルな1.3リッター直列4気筒 ガソリン直噴ターボエンジン+7速EDC(デュアルクラッチトランスミッション)を搭載するモデルが発売しました。

 その後2022年、輸入車では珍しいフルハイブリッドシステム「イーテック フルハイブリッド」搭載モデルを追加設定しています。

 イーテック フルハイブリッドは、1.6リッター直列4気筒 自然吸気ガソリンエンジンに、メインモーター(駆動用)とHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)の2つのモーター、そして電子制御ドッグクラッチマルチモードATを組み合わせるという独自のシステム構成で、輸入車No.1の低燃費25.2km/L[WLTCモード燃費]をマークします。

 欧州では2023年3月にルーテシアのマイナーチェンジモデルが発表されており、生産を行う欧州のルノー工場で現行モデルの生産が間もなく終了することから、これに先立ち最後の特別仕様車が設定されました。

 まず1.3リッターターボ搭載の「ルーテシア インテンス」には、360度カメラやBOSEサウンドシステム、9スピーカー、レーンセンタリングアシスト(車線中央維持支援)を追加した特別仕様車特別仕様車「ルーテシア インテンス エディションフィナル」を設定します。

 メーカー希望小売価格は消費税込みで314万円です。

 そしてイーテック フルハイブリッド搭載モデルには、360度カメラやBOSEサウンドシステム、9スピーカー、レザーシート、前席シートヒーターを装備した特別仕様車「ルーテシア アントラクト イーテック フルハイブリッド」を設定しました。

 メーカー希望小売価格は384万円です。

 2モデルともに、グリ シストメタリック、ブルー アイロンメタリック、ルージュ フラムメタリック、ブラン グラシエの全4色のボディカラーを用意します。

 なお2つの特別仕様車の販売は2023年12月7日より開始されます。

【画像】めちゃカッコいい! 精悍コンパクト「ルーテシア」を画像で見る(28枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 今我が国ではルノー・ルーテシアは本国では2023年3月にマイチェンが行われているにも拘わらず「在庫整理に毛が生えたように」変更前の旧バージョンが売られている!
    本国では1.0TCe(ガソリンターボ)を始め1.5dCi(ディーゼルターボ)といった魅力的なエンジン車がリニューアルして製造販売され好評を博している、処が日本向けは「ハイブリッド一本」になる可能性も噂されている。
    ハイブリッドだけ、と言うならノートやアクアで用が足りるものを―まさかルノー日本事業部の腹の内は「クルマなど動く箱(移動手段)としか思っていない」じゃないよな!??
    その種の「鉄道推進派」並みの意識構造では日本も世界も、マーケット(そして業界)は絶対にまともに育たないのは明白で、北欧の某グ◎タ女史をつけあがらせるだけと断言する!!!!
    我々は次世代の環境に配慮した、新開発のダウンサイジング内燃機関を心待ちにしているのだ、そこはルノー党、欧州車ユーザーの永遠の宿願と言っておく。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー