全長5m級! 新型「“斬新顔”高級セダン」世界初公開へ! 超オシャ内装&斬新シート採用のTHK「LSR-05」とは

大手機械要素部品メーカーのTHKが、ジャパンモビリティショー2023に初出展し、実走行可能なEVプロトタイプ「LSR-05」を世界初公開します。

THKの技術とSNDPのデザインが融合

 THKは2023年10月11日、「ジャパンモビリティショー(JMS)2023」で実走行可能なEVプロトタイプ「LSR-05」を世界初公開すると発表しました。

THKがJMSに出展するクロスオーバー4シーターEVクーペ「LSR-05」
THKがJMSに出展するクロスオーバー4シーターEVクーペ「LSR-05」

 JMSは、10月25日から東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されます。日本最大の自動車展示会「東京モーターショー」が開催コンセプトを刷新し、名称もジャパンモビリティショーに変更。

 自動車業界はもちろん、他産業やスタートアップ企業なども参画し、東京モーターショーを上回る400社以上が出展・参加する予定です。

 機械要素部品の大手メーカーTHKは、JMSに初出展するとともに、独自開発したEVプロトタイプ「LSR-05」を初公開します。

 LSR-05は「ラグジュアリーでスポーティなデザイン、革新的な技術」をキーワードに開発されたクロスオーバー4シータークーペです。

 車名の「LSR」は、Luxury・Sport・Revolutionの頭文字を表すとともに、THKが1972年に世界で初めて開発した直線運動案内(ベアリングの回転運動に対し、直線運動をする転がり軸受)の初代LMガイド「LSR」にも由来。

 さらに「05」には、創業50周年の節目という思いと、クルマの開発をスタートしてから5世代目という意味を込めたといいます。

 ボディサイズは全長4995mm×全幅1965mm×全高1530mm。デザインは、カーデザイナーの中村史郎氏が最高経営責任者(CEO)を務めるSN DESIGN PLATFORM社が担当しています。

 プラットフォームは、リアにTHK独自開発の93kW(800V仕様)の可変磁束型インホイールモーター2基、フロントに220kW(800V仕様)のモーター1基を搭載した4輪ステア機構を採用。

 さらにアクティブサスペンション、MR流体減衰力可変ダンパー、電動ブレーキなどを搭載し、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現したといいます。

 車内に採用したステルスシートスライドシステムは、LMガイドを採用してフロアの完全なフラット化を可能とし、高級感ある快適な空間を演出。さらに非接触給電システムも採用するなど、LSR-05はTHKが目指す未来に向けた新しいモビリティの姿を表現しているといいます。

 THKは、JMSでLSR-05のほか、独自開発のEV向け先進技術を搭載したシャシーモデルも展示する予定です。

【画像】「斬新顔」がカッコいい! フラット豪華内装も印象的な「LSR-05」を画像で見る(6枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. EVって新規参入メーカー多いんだけど
    エンジンが作れなくてもeなら出来るって事で参入してるんでしょうが
    疑問に思うのは、脚周りも相当高度な知識や経験
    必要だと思うんだけど? それ大丈夫なの?
    テスラもそうだし、ましてや中華製なんてどうなの?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー