超レトロな「2人乗りオープンカー」即完売! ボンネット長すぎ! 斬新デザインの光岡「ヒミコ」2024年モデル受付終了

光岡の2シーターオープンカーが2023年7月29日に受付開始されましたが、用意された限定10台が即完売しました。

限定10台の「ヒミコ 2024年モデル」が売り切れ!

 光岡は2023年7月31日、同月29日より受付けを開始した2シーターオープンカー「ヒミコ 2024年モデル」の受注が限定生産台数の10台に達し、受付終了となったことを発表しました。

限定10台が即完売した光岡「ヒミコ 2024年モデル」
限定10台が即完売した光岡「ヒミコ 2024年モデル」

 初代ヒミコは2008年に登場。マツダ「ロードスター」の3代目(NC型)をベースにホイールベースを大きく延長し、独自デザインを採用しています。

 現行の2代目ヒミコは4代目(ND型)のロードスターをベース車とし、初代同様ホイールベースを大きく延長したほか、メッキ加飾が施された縦型フロントグリルや丸形ヘッドライトを採用することで、レトロな外観を実現。

 パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジンに6速ATを組み合わせています。

 今回限定生産されるヒミコ 2024年モデルは、七宝焼グリルバッチやカラードアッパートリム(ボディ同色)など、発売以来人気の高かったメーカーオプションを標準装備としたほか、ヒミコのクラシカルな魅力を際立たせるために、これまで3種類あったグレード設定をワングレートに絞込み、ボディカラーは新色4色を追加した全7色の展開としました。

 さらに、2024年モデル専用のフロントフェンダーエンブレムや専用レザーシートを標準装備化。専用レザーシートはボディカラーごとに近似色の専用カラーを設定しています。

 また、クルーズコントロールや交通標識認識システム、ドライバー・アテンション・アラート、マルチインフォメーションディスプレイ(TFTカラー)、CD/DVDプレーヤー、地上デジタルTVチューナー(フルセグ)、シートヒーターなども標準装備としました。

 価格(消費税込)は678万7000円です。

※ ※ ※

 ヒミコは職人によって手作業で生産されるため、納車まで時間がかかるほか、増産することが難しく、その分、ミツオカのDNAと情熱を惜しみなく注ぎ込んで1台ずつ丁寧に生産されるといいます。

【画像】えっ! ボンネット長っ! これが光岡「ヒミコ」です! 画像を見る(29枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 以前、知り合いがガリューを乗ってましたが、フロントバンパーを痛めてしまい修理に出したら新しいバンパーが1ヶ月待ちだったそうです。外装パーツはストック欲しいですね(^.^)

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー