オジサンが熱視線!? 「軽バン 車中泊仕様」が凄い! 「そんな感じで寝るの?」 イマ話題のモデルとは

 様々な軽自動車が存在する中でホンダ「N-VAN」、ダイハツ「アトレー」は、スズキ「スペーシアベース」などは、車中泊ユーザーの関心が高いモデルですが、それぞれにどのような特徴があるのでしょうか。

軽自動車×車中泊、それに適したモデルは?

 近年、「軽自動車で車中泊」というキーワードが注目されています。
 
 様々な軽自動車が存在しますが、車中泊ユーザーの関心が高いモデルにはそれぞれにどのような特徴があるのでしょうか。

車中泊ニーズに対応する軽バンは?
車中泊ニーズに対応する軽バンは?

 2018年7月に発売したN-VANは、ホンダが展開する「N」シリーズのラインアップに設定される商用向けの軽バンとして登場しました。

 室内空間としては、商用ニーズに対応するため積載性や積載量を意識した作りになっている他、ホンダ独自の技術「センタータンクレイアウト」で、燃料タンクは前席の下になる分、荷室の床を低くして、縦方向に広がる大空間を実現しました。

 荷室サイズは荷室長(2名乗車時)1510mm×荷室幅(4名乗車時)1390mm×荷室高1365mmとなります。

 なお最大の特徴としては助手席からテールゲートまで床面をフラットにすることで長物の積載に加えて、近年注目される車中泊も楽に行なうことが可能で、助手席倒した最大スペース長は2635mmとなります。

 さらにホンダの純正アクセサリーを手掛けるホンダアクセスでは車内の空間を上下2段に分割できる「マルチボード」や、車中泊での熟睡を妨げる「外からの視線」や「眩しい外からの光」を遮断してくれる「プライバシーシェード」なども用意しています。

気軽に軽自動車で車中泊? というニーズが高まっているらしい
気軽に軽自動車で車中泊? というニーズが高まっているらしい

 一方のアトレーは、2021年12月に17年ぶりのフルモデルチェンジを実施しました。

 デザインは車体形状をよりスクエアに、そして床面もフラットにすることで荷室の効率を高め、商用ニーズやアウトドアニーズに対応。

 荷室の各寸法は、荷室長1820mm(2名乗車時)×荷室幅1410mm(4名乗車時)×荷室高1215mm(アトレー)。荷室の最大積載量は1275リットルにも及びます。

 さらに車中泊を意識した部分では、水平格納式リアシートの採用でフラットなフロアで横になれるスペースを実現することで、レジャーの休憩や車中泊に活かせます。

 またエンジンオフ時でも、ポップアップ機構付リヤガラスで簡単に車内空気の換気が可能です。

 さらに、荷室にはタブレットや小物などが収納できるデッキサイドポケットを装備することで、車中泊時にも便利に使えて、室内が散らかることなく、スマートに過ごすことが出来ます。

 また純正アクセサリーとしてはプライバシー保護に役立つ「セパレーターカーテン」や「収納式デッキボードセット」などを用意。

 収納式デッキボードセットは、収納時880mmから展開時1750mmに拡大するもので幅1100mm、高440というベッド台として使える代物です。

 なおアトレーの開発者によれば「中年層の男性などの車中泊ニーズが高まっており、そのあたりを考慮して開発した」と話しています。

※ ※ ※

 N-VAN、アトレー共に昨今の車中泊ニーズを取り込んだ特徴を持っています。

 そして2022年8月にはスズキからは「スペーシアベース」というモデルも登場していますが、どのような特徴があるのでしょうか。

【画像】え…寝れるじゃん! 驚きのアトレー車中泊仕様を写真で見る!(72枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

ダイハツ 新型アトレー
ダイハツ 新型アトレー
ダイハツ 新型アトレー
ダイハツ 新型アトレー 純正アクセサリー「収納式デッキボードセット」装着車
ダイハツ 新型アトレー 純正アクセサリー「収納式デッキボードセット」装着車
ダイハツ 新型アトレー
ダイハツ 新型アトレー
1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー