まさかの爆速仕様!? 日産「5速MTワゴン」が凄かった! ド迫力エアロ&280馬力誇る「ステージア260RS」を海外で発見

かつて日産は「スカイラインGT-R」に採用されたパワートレインを搭載する「ステージア オーテック260RS」が存在しました。今回、オーストラリアで発見された個体とはどのようなものなのでしょうか。

伝説の「GT-Rワゴン」が存在した…その名も「ステージア オーテック260RS」

 日産が1997年11月20日に発売した「ステージア オーテック260RS」は、日産ファンから注目される存在です。
 
 今回、オーストラリアの中古車販売店が出品しました。どのような特徴があるのでしょうか。

こりゃカッコいい! オーストラリアで発見された個体(Photo:Collecting Cars)
こりゃカッコいい! オーストラリアで発見された個体(Photo:Collecting Cars)

 オーテヅクバーション260RS(以下260RS)は、その開発コンセプトを「トップオブ ツーリングワゴン」として登場しました。

 エクステリアは、フロントグリルを黒色化したほか、サイドやリア回りにも専用エアロパーツを採用し、迫力ある精桿なデザインに仕上げています。

 インテリアには、専用スポーツシート、専用コンビメーター(10000rpmタコメーター&オレンジ照明)、 専用3連メーター等を採用したスポーヅ心溢れる仕様装備となっています。

 パワートレインには、「スカイラインGT-R」に搭載された最高出力280馬力を誇る2.6リッターツインターボ「RB26DETT型」エンジンを搭載。さらにトランスミッションは5速MTを組み合わせています。

 足回りには4輪マルチリンクサスペンションを採用。スプリングバネ定数、スタビライザー径、ショックアブソーバーの減衰力特性、ブッシュ剛性のチューニングを施し、圧倒的な動力を引き出しました。

 このスペックを最大限に発揮するためステージアの高剛性ワゴンボディに更なる補強を施しています。

 具体的には、フロントサスペンション取付部剛性を上げるフロントストラットタワーバー、左右の車体サイドメンバー前方部分をつなぐ強化トンネルステー、リアサスペンシヨンメンバーにトリプルクロスバーを追加し操縦安定性を向上。

 また、リアピラー部及びリヤストラヅト周りの結合剛性の強化により、操舵に対する追随性や回頭性、接地性の向上を図っています。

 車両挙動のつかみやすさやステアリングインフォメーションを高めたことにより、通常走行時の安心感を深めながら、限界領域でのコントロール性の向上を実現しました。

 さらには、ブリヂストン「ポテンザRE010」やBBS鍛造17インチアルミホイール、ブレンボ社製の高性能ブレーキシステムなども採用しています。

 なお当時の新車価格は440万円(東京・名古屋・大阪)、442万9000円(福岡)という設定でした。

 現在、日本の中古市場では数台ほどの個体が流通しており、500万円から600万円という相場となっています。

 そうした中で公開オーストラリアの中古車販売店が「Collecting Cars」というオークションサイトに出品されました。

 この個体は、1998年式の走行距離15万7445キロというもので、所々純正と異なってます。

 見た目では、フロントでバンパー形状やメッシュ形状(NISMOエンブレム付き)、リアはルーフウイング形状やマフラーが純正では2本出しですが、この個体では極太1本出しに変更されているようです。

 インテリアでは、ステアリングがMOMO製、シフトレバーも社外品に変更されていますが、ダッシュボードやシートなどは25年の年月を感じさせないほど良い状態となっています。

 なおオークション自体は、近日開催される予定となっており、その際に詳細が明らかになるようです。

【画像】5速MT爆速ワゴンが凄い! ド迫力エアロのステージアを見る!(39枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー