「かまぼこ」老舗がホンダと実証実験!? 上々の「成果」で1年延長へ 「異業種コラボ」に新たな展望が開く

ホンダが2022年春に開始した、かまぼこ老舗メーカー「鈴廣」(神奈川県小田原市)との共同実証が好調な成果を出したことから、1年延長することが明らかになりました。自動車メーカーと異業種間のコラボに一石を投じる成功事例として注目されます。

老舗企業とホンダが取り組む環境活動の新たな姿とは

「かまぼこ」とホンダEVの組み合わせとは、なんとも面白い!

 今からおよそ1年前の2022年2月24日、老舗かまぼこメーカーの鈴廣(神奈川県小田原市)とホンダが「エネルギーマネージメントの共同実証を開始」という発表を見て、異業種同士のコラボレーションに興味を持った人も少なくなかったでしょう。

 これはEV(電気自動車)を蓄電池として活用し、EV・建物間で効率的に電気を融通する取り組みでした。

鈴廣蒲鉾本社(神奈川県小田原市)で実証に使用するEV「Honda e」
鈴廣蒲鉾本社(神奈川県小田原市)で実証に使用するEV「Honda e」

 この実証は、当初の計画では期間が2022年2月から2023年2月までとされていました。

 筆者(桃田健史)は、実証の最終段階で現場を見たうえで1年間の感想などが聞きたいと思い、ホンダ本社と鈴廣本社の双方に問い合わせたところ、ホンダから「実証は2024年2月まで延長することになった」との回答がありました。

 なぜ、実証を延長することになったのでしょう。

 それを詳しく知るために、2023年3月末、神奈川県小田原市内の鈴廣本社を訪ねてみました。

 まずは「そもそも、なぜホンダとEVの実証をすることになったのか」について、鈴廣蒲鉾本店の経営管理チーム業務改革部次長 兼 施設技術課課長の廣石 仁志氏に聞きました。

 廣石氏は次のように説明します。

「2021年夏前に小田原市を通じてお話が来ました。弊社は環境やエネルギーに関して、平素より小田原市との付き合いがあります」

 鈴廣はホンダからの提案が来る前の時点で、自社の環境ステートメントを公表しており、その活動として再生可能エネルギーへの取り組みや、資源環境型ビジネス、小田原ひのきの活用、そして森づくり活動などを行ってきました。

 例えば、かまぼこを作る時に出る魚のアラや、自社で製造する箱根ビールの絞りかすから良質な魚肥を作り、それを使用した農産物を鈴廣の商品に使っています。

 また、2015年9月に完成した本社では、一般的な商品として使うことでできなくなった小田原ひのきの間伐材を鈴廣が買取り加工して、階段、床、天井などに使用し資源の地産地消に努めてきました。

 さらに同本社には、太陽光発電、井戸水を利用した熱源装置、そして自然光の活用などを取り入れたZEB(ゼロ・エミッション・ビルディング)として設計しています。

 そのため、鈴廣が独自にBEMS(ビルディング・エネルギー・マネージメント・システム)を導入してきました。

 同席した本実証試験のホンダ側の責任者である本田技術研究所 先進パワーユニット研究所 PUシステム開発室 第1ブロック チーフエンジニアの貞野 計氏は、鈴廣が日頃から行ってきたデータの集積が、今回のEV実証に大いに役立ったと指摘します。

「本田技術研究所と小田原市との間で環境関連の事案について協議した経緯があり、そのなかで小田原市を介して鈴廣さんとつながりました。

 過去2年間のBEMSデータを頂いたことで、適切なソフトウエアを早期に稼働されることができました」

 実証実験では、鈴廣のBEMSに、ホンダが独自開発した「ホンダ・パワーコントローラーeコンセプト」を組み込む形となったのです。

 現在稼働しているEVは、ホンダが用意した「ホンダe」5台。それぞれがニチコン製のEVパワーステーションとつながっています。

 EVパワーステーションとは、EVへの充電に加え、EVの大容量バッテリーから電力を取り出し、外部への給電を行うシステムを指します。クルマ側の接続は、急速充電に使う「CHAdeMo(チャデモ)」用コネクターを使用します。

 そのうえで、実証の具体的な方法としては、大きくわけて3つあります。

【画像】かまぼこみたいに「白い!」 ホンダの実証実験車両となったEV「Honda e」を写真で見る(21枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー