新名神と並走する「大津~信楽」新県道が25日開通!「ダム水没区間」8kmをスイスイ快走路に付け替え

滋賀県内で、大戸川ダムの建設に伴い水没する県道16号大津信楽線に代わる道路8kmが、2023年3月25日に開通します。

県道16号大津信楽線の付替道路が開通

 滋賀県道16号大津信楽線の一部区間が、大戸川ダムの建設により水没することになりますが、その付替道路が、2023年3月25日に開通します。

滋賀県道16号大津信楽線(現道)と大戸川を大きくまたぐ付替県道の牧町天空大橋((C) Google)
滋賀県道16号大津信楽線(現道)と大戸川を大きくまたぐ付替県道の牧町天空大橋((C) Google)

 県道16号は滋賀県の大津市を起点とし、淀川水系の大戸川に沿って東へ進み、甲賀市信楽町に至る道路です。

 大津・草津と甲賀を結ぶ主要ルートの1つで交通量も1日5000台と多い幹線ですが、途中の大戸川ダムの予定地付近は幅が狭く落石も多いため、渋滞や事故がたびたび発生。2021年8月には集中豪雨による土砂崩れもあり、4か月間通行止めになったといいます。

 そのため、ダム予定地付近では、これらの課題を解決しながら水没区間を避ける付替新道路の建設が進められてきました。

 今回の開通区間は、長さ約8km、幅7.5m、車道2車線、設計速度50km/hです。

 大津市から進んで来ると、現道と分かれて新斧研橋で大戸川の南岸に渡り、牧町天空大橋(新3号橋)で北岸に戻りながら標高を上げていき、桐生辻トンネル(延長414m)付近でダムサイトを通過し、新名神高速と並行しながら山の中腹を進んで再び現道と合流します。

 近畿地方整備局によると、この付替県道の開通によってすれ違いが困難な幅の狭い箇所がなくなり、所要時間も短縮。連続雨量90mmの通行止め措置もなくなり、安全性も確保されるといいます。

 なお、途中の大鳥居から滋賀県道12号栗東信楽線で栗東市金勝方面や甲賀市田代方面などへ向かう場合は、付替道路ではなく、現在の大津信楽線を通行することになります。

 また、付替県道の今回開通区間のうち東側の延長7086mは国が事業を進めていましたが、開通をもって管理が滋賀県に移管されます。

【地図】新名神沿いに8kmの「新道」! 走りやすくなる県道16号のルートを地図で見る(10枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー