シャープにイメチェン! トヨタ新「カローラ」最新ハイブリッド搭載で俊足に! 独で発売へ

ドイツトヨタは「カローラシリーズ」の改良モデルを発表しました。一体どのような仕様になるのでしょうか。

最新ハイブリッドシステム搭載で出力アップ!

 トヨタのドイツ法人は、「カローラシリーズ」の改良モデルの詳細を発表。2023年第1四半期に発売することを明らかにしました。
 
 ドイツ仕様のカローラシリーズは、ハッチバック、ステーションワゴン、セダンの3タイプが設定されています。

デザイン変更を受けたトヨタ「カローラ」
デザイン変更を受けたトヨタ「カローラ」

 今回のカローラの改良では、より高効率な第5世代ハイブリッドシステムを搭載。制御装置やトランスミッションの改良のほか、高性能なリチウムイオン電池を採用することで、駆動系や加速がよりダイレクトに反応するようになり、より楽しく、快適なドライビングを実現したといいます。

 パワートレインは1.8リッターハイブリッドと2リッターハイブリッドの2種類が選択可能。1.8リッターハイブリッドは出力が103kW/140psと15%向上し、0-100km/h加速は9.2秒を達成。一方の2リッターハイブリッドの出力は8%増の144kW/196psとなり、100km/h加速は7.5秒に短縮しています。

 新たなカローラは外観も変更。新デザインのメッシュパターンのラジエーターグリルや新フレームのフォグランプ、新しいアルミホイールを採用したほか、LEDデイタイムランニングライトとウインカーのJ型ユニットが新意匠になるなど、シャープなデザインになりました。内装は、グラフィックやトリム、シート表皮を一新。モダンなインテリアを演出しています。

 12.3インチメーターディスプレイは、運転に必要な情報を見やすいレイアウトで表示。ドライバーの好みや現在の気分に合わせてカスタマイズすることが可能で、テーマは「カジュアル」「スマート」「タフ」「スポーティ」の4つから選択できます。

今回マルチメディアシステムが強化され、「トヨタスマートコネクトマルチメディアシステム」を標準装備。Android Auto、Apple CarPlayをワイヤレスで車両とつなげることが可能なほか、音声アシスタントによってさまざまな機能を声で操作することもできます。

 また、上級グレードには10.5インチディスプレイも備えた「Toyota Smart Connect+システム」を搭載しました。

 さらに、スポーティグレード「GRスポーツ」をハッチバックとステーションワゴンに設定。ダイナミックなスタイリングを特徴とするGRスポーツは、専用デザインの18インチアルミホイールに加え、リアバンパーやアンダーライドガードの形状を変更し、スポーツモデルのイメージを表現。インテリアのフロントスポーツシート(ヒーター付)は、ヘッドレストに「GR」のロゴがあしらわれています。

※ ※ ※

 運転支援システムとして、最新の「トヨタセーフティセンス」を搭載。アシストシステムの追加・改良と作動範囲を拡大し、危険をより早く察知することを可能にしました。また、OTA(Over-the-Air)アップデートにより、いつでもリモートでソフトウェアを更新することができます。

 さらなる支援システムとして、ブラインドスポット警告システムや自動ブレーキ機能付きクロストラフィックアラートシステムが加わり、安全性が向上。ドアを開ける際に後方から接近する歩行者や自転車などを検知して警告する「セーフエグジットアシスト」も装備されました。

【画像】スポーティでプレミアムな「GRスポーツ」登場! 新顔「カローラ」3タイプの内外装を写真で見る!(44枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー