クレカがなくても高速ETCを使える「ETCパソカ」ハードル引き下げ! デポジット額と利用限度額を改定

クレジットカードがなくても高速道路のETCを利用できる「ETCパーソナルカード」。今回、その普及促進の一環として、デポジットの最低額見直しなどが実施されます。

デポジットの最低額は3000円に

 クレジットカードがなくても高速道路のETCを利用できる「ETCパーソナルカード(ETCパソカ)」。2023年3月からは、より利用しやすいようカードの諸条件が改定されます。

クレカがなくてもETCを利用できるカードとは?
クレカがなくてもETCを利用できるカードとは?

 ETCパソカは、高速道路などの通行料金の支払いに使えるETCカードです。

 一般的にETCカードは、クレジットカードとひも付ける形で発行されますが、このETCパソカはデポジット(保証金)を預託することで発行されます。年会費は1257円(税込)です。

 通行料金は、申し込み時に指定した銀行口座から引き落とされます。デポジットは通行料金には充当できず、カード解約時に返金されます。

 3月1日からは、ETC普及促進の一環として、デポジット額や利用限度額が改定されます。

 デポジット額は平均利用月額の4か月分で計算しますが、現在は2万円からスタートし、2万円単位で設定が可能です。これが改定後は、新たに3000円、5000円、1万円が加わります。

 また、ETCパソカの利用限度額は、現在デポジット額の80%までですが、改定後は100%まで可能になります。

 これにより、毎月少ししか利用しない人も3000円から手軽にカードを作れるようになり、また、限度額の計算も分かりやすくなります。

 なお、デポジットは後から増額も可能です。

 カードの申し込みは郵送のみで受け付けていますが、今回の改定に対応した申込書は2月以降順次配布する予定ということです。

【画像】これも使用不可! 2030年に使えなくなるETCの機種を見る(17枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. それでもやはり不十分ですね。
    3千円で良いのなら、SAで購入、チャージできるカードがあった方が便利です。できれば利用できる店舗が多く全国で使用できる電子マネーですね。
    そのETCの為だけにわざわざクレカ作る気もないですし、年会費が必要ということはETCパーソナルカードを管理する団体の職員や天下りの給料ってことでしょ。
    年に数回、短距離(渋滞回避)で使用するだけなのでETC装着車強制になったら利用しないだけですね。

    尤も、そのETCが全国の有料道路でも通行料割引で使えるのなら話は別ってことです。高速道路だけのためのシステムって無能すぎますよね。

    • 年に数回?クソが偉そうに。お前みたいのが、ETCレーンに突っ込んできて渋滞すんだよ。今どきETCも、つけてねーのは邪魔くせーから、1度も使うなよ?使うなら、ETC搭載の知り合いか、金持ちぶってんなら、タクシー乗っとけや。

  2. 年に数回?クソが偉そうに。お前みたいのが、ETCレーンに突っ込んできて渋滞すんだよ。今どきETCも、つけてねーのは邪魔くせーから、1度も使うなよ?使うなら、ETC搭載の知り合いか、金持ちぶってんなら、タクシー乗っとけや。