なぜ…年末年始の高速渋滞「減」 でも交通量は前年度並み 30km以上の大渋滞も1回だけ 考えられる理由とは

高速道路各社が、2022年度年末年始期間の高速道路の交通状況(速報)を発表。交通量は前年度と同水準ですが、渋滞回数は減りました。

渋滞ピークは上下線とも1月2日だった

 NEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本と本四高速は2023年1月5日、年末年始(2022年12月28日~2023年1月4日、8日間)における高速道路の交通状況(速報)を発表しました。

渋滞のイメージ
渋滞のイメージ

 代表40区間の1日あたりの平均交通量は3万5200台でした。これはコロナ禍前(2019年12月28日~2020年1月4日、3万9100台)と比べると90%、前年度同時期とは同水準だったといいます。

 10km以上の渋滞回数は124回で、コロナ禍前(202回)の61%でした。前年度同時期の195回と比べると64%に減少していますが、これは年始の降雪予測の影響で、例年であれば交通量のピークを迎える1月3日の交通量が少なかったこともあり、今年度の渋滞回数が減少したと想定されています。

 今年度の渋滞のピークは、上り・下りとも1月2日でした。

 最も長かったのは、1月2日夕方の東北道上り・久喜白岡JCT付近を先頭にした交通集中と事故によるもので、31.5kmでした。30km以上の渋滞は、前年度は17回を記録しましたが、今年度はこの1回のみです。

 このほか年末年始には、東名高速や京葉道路、名神高速、九州道などでも20km台の渋滞が発生しました。

【画像】「えっ!? こんなところで渋滞するの?」 意外な「渋滞」発生の理由を画像で見る(26枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント