新型軽SUV「デリカミニ」に期待大! 気になる「悪路走破性」はどう? 走行性能について予想!

三菱は2022年11月4日、SUV風の力強いスタイリングを持つ新型軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」のデザインを初公開しました。2023年初夏の投入を予定していますが、悪路走破性はどうなのでしょうか。

SUVテイストで注目の新型軽ワゴン「デリカミニ」 気になる悪路走破性能は?

 三菱は2022年11月4日、新型軽スーパーハイトワゴンの「デリカミニ」を先行公開。本格四輪駆動車譲りの悪路走破性能を持つタフなミニバン「デリカ」の名前が付され、さっそく注目を集めています。
 
 そんな新型デリカミニですが、悪路走破性はどうなるのでしょうか。これまで三菱が展開してきたクルマを踏まえて予想してみます。

タフミニバンの「デリカ」シリーズの名前を冠した新型軽ワゴン「デリカミニ」
タフミニバンの「デリカ」シリーズの名前を冠した新型軽ワゴン「デリカミニ」

 ひと足先にスペシャルサイトで公開されたデリカミニは、「デリカ」の名称を名乗り、近年人気を博している「SUVテイスト」満載のデザインです。

 一方で、エクステリアデザインやボディカラー、軽スーパーハイトワゴンであること、さらに「デリカの世界観」を持っていることだけが公表されており、詳しい情報は明らかにされていません。

 しかしながら、「デリカ」の名称が用いられていることから、SNSなどでは「四駆のシステムが気になる」「パートタイム4WDなの?」「S-AWCに4WDロックていう仕様だとおもしろい」などといった、走行性能に関する予想や意見が多くみられます。

 三菱といえばこれまで、本格四輪駆動車の「パジェロ」や「デリカD:5」などに代表されるパートタイム切替機能やデフロック機能などをもつ4WDシステム搭載車を展開。

 卓越した四輪駆動性能を持つこれらの車種により、三菱らしさといえば「四駆」「タフ」というイメージを世間に持たせました。

 軽自動車でも、2013年まで生産された「パジェロ ミニ」が同社の“SUV軽”として有名で、悪路走破性能の高さで定評のあるライバル車種 スズキ「ジムニー」と並ぶような人気車種となっており、生産終了時は多くの4WDファンが残念がる声も多く見られました。

 現在、「S-AWC」や「パートタイム4WD」など、三菱が展開している本格的な4WDを搭載するモデルは「アウトランダーPHEV」「RVR」「デリカD:5」が挙げられます。

 さらに、軽自動車の「eKクロス」も4WD車では、ぬかるんだ道で駆動輪が空転した場合に、自動でブレーキをかけて空転していない駆動輪に駆動力を集中させる「グリップコントロール」や、下り坂で車速をコントロールする「ヒルディセントコントロール」を搭載するなど、高性能な4WD制御システムを搭載しています。

 デリカD:5やパジェロだけでなく、eKクロスにも高性能な4WDを搭載していることから予想すると、新型デリカミニも4WDモデルが設定されれば「デリカ」の名に恥じぬ悪路走破性能を持っている可能性もありえます。

※ ※ ※

 デリカミニに関して、先行公開から12月23日現在にいたるまで情報のアップデートはされておらず、悪路走破性能をはじめ詳細について期待が高まります。

 なお、デリカミニは2023年1月に開催される「東京オートサロン2023」で実車が一般公開される予定です。

【画像】これぞまさしく「軽デリカ」!? 三菱の「ヨンク」に仲間入り「デリカミニ」と販売中の本格オフローダーを画像でチェック(53枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント