大阪ど真ん中の“奇景”「ビル貫通高速」なぜできた? 誕生のウラにあった駆け引きとは

大阪の中心部に、ビルを貫通している高速道路があります。阪神高速11号池田線の梅田出口がビルの5~7階部分を通り抜ける構造をしていますが、なぜこのようなユニークな形になったのでしょうか。

ビルを貫通する阪神高速の梅田出口

 ビルを貫通している高速道路が大阪にあります。なぜ、このような特異な構造で造られたのでしょうか。

ビルを貫通する阪神高速11号池田線の梅田出口(2013年6月、佐藤勝撮影)
ビルを貫通する阪神高速11号池田線の梅田出口(2013年6月、佐藤勝撮影)

 日本では、高速道路が都市部から山岳地帯まで様々な場所に造られています。今や物流や旅行になくてはならない存在の高速道路ですが、大阪の中心部にはビルを貫通している高速道路があります。

 それは、大阪市福島区にある阪神高速11号池田線の梅田出口です。池田方面から環状線方面へ走ると梅田出口があります。本線から分岐して出口へ進むと、すぐ先にビルがありその中を通り抜けるのです。

 ビルの中とその前後は、防火や落下物防止のため道路がシェルターで覆われており、道路の振動や騒音がビルに伝わることはほとんどありません。貫通する道路は出口ランプのため、1車線かつ急なカーブになっており、走行時には注意する必要があります。

 道路が貫通している建物は「TKPゲートタワービル」という16階建てのオフィスビルです。5~7階の3フロアは道路で、それ以外のフロアは貸し会議室大手のティーケーピーが「TKPガーデンシティ大阪梅田」としてビル1棟を貸し切って運営しています。

 ちなみに5~7階のテナントは、道路を運営する阪神高速道路です。

 高速道路がビルを貫通しているのは、日本だけでなく世界でも珍しい光景です。なぜこのようなユニークな構造になったのでしょうか。

【画像】丸いビルに高速ズブリ! ユニークすぎる梅田出口の構造とは(11枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント