マツダの最上級「マツダ6」大人レッドの特別モデル予約開始!初代デビューから20周年の記念車登場

マツダ初代「アテンザ」のデビュー20周年を記念する特別仕様車が「マツダ6」に設定され、同時に通常モデルの商品改良も実施されました。

初代アテンザデビューから20周年を記念した特別モデル

 マツダのフラッグシップモデル「マツダ6」の20周年を記念した特別仕様車「マツダ6 20th Anniversary Edition」が設定され、2022年12月9日に予約を開始しました。

初代アテンザのデビューから20周年を記念した特別仕様車「マツダ6 20th Anniversary Edition」
初代アテンザのデビューから20周年を記念した特別仕様車「マツダ6 20th Anniversary Edition」

 ブランドメッセージ「Zoom-Zoom」を象徴し、ブランドDNAを100%体現するミッドサイズカーとして2002年5月に初代「アテンザ」が登場。2度のフルモデルチェンジをおこない、3代目の現行モデルではマツダ6へと名称変更をおこなっています。

 アテンザ/マツダ6が2022年に20周年を迎えたことへの感謝の気持ちを込めた特別仕様車 20th Anniversary Editionをセダン、ワゴンともに設定。

「走る歓び」を体現しつづけ、20年の歴史を重ねた成熟の走りと風格を感じられるスタイリング、クラフトマンシップにこだわり、優雅さを表現したインテリアを織り込んだ特別なクルマに仕上げました。

 ボディカラーは、マツダ独自の塗装技術「匠塗(TAKUMINURI)」による特別塗装色の第4弾となる「アーティザンレッドプレミアムメタリック」を特別仕様車専用色として国内初採用。透明感と成熟した濃厚な深みの両立を目指した、強い赤色となっています。

 なお、匠塗第3弾の「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」も用意されました。

 内外装には特別なアイテムを採用。外観はフロントフェンダーの専用オーナメントやシルバー塗装のフロントグリル、19インチアルミホイールを装着したほか、内装は「20th」ロゴ入り(エンボス加工)のフロントシートヘッドレスト、インテリアトリム(レガーヌ/タンカラー)、ナッパレザーシート、マットブラウンのヘアラインが施されたインパネデコレーションパネルを装備しています。

 さらに、電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付き)も設定されました。

 特別仕様車の設定と同時に、新グレード「スポーツアピアランス」を追加。

 2021年に導入され、好評を得ているという「ブラックトーンエディション」の世界観をさらに進化させ、外観には同モデルで採用されたブラックメタリックの19インチアルミホイール、グロスブラックのドアミラーカバーに加え、前後シグネチャーウィングやフロントバンパー、ロアガーニッシュ、ルーフレールをブラックで統一。マツダ6のスポーティさを強調しています。

 商品改良も実施され、「SKYACTIV-D 2.2」のエンジン出力やトルク向上によって高回転域までの力強さを高めるとともに、ペダル踏力を変更してコントロール性が上がりました。

 また、全車でパワーステアリングのモーターアシスト特性を変更し、中高速域の手ごたえが増して操る楽しみを高めています。

 運転支援機能「クルージング&トラフィック・サポート」を新たに採用。追従走行とステアリングアシストにより、渋滞時などの運転疲労軽減をサポートします。

 さらに、ワイヤレスApple CarPlayとワイヤレス充電(Qi)を新たに搭載。ボディカラーが変更され、「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」「プラチナクォーツメタリック」の2色を追加しました。

 ほかにも、「Lパッケージ」ではシートカラーのバリエーションを変更。ブラックナッパレザーを設定しています。

 マツダ6の価格(消費税込)は296万2300円から473万9900円。2022年12月下旬に発売予定です。

マツダ・MAZDA6セダン のカタログ情報を見る

【画像】シックな赤が映える「マツダ6」特別モデル登場! 黒パーツがスポーティな新グレード追加!(36枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント