高速降りずに楽しめる! 温泉&スキー、おもちゃ博物館、「世界の七不思議」で遊ぶ? 休日にぴったりな東日本のハイウェイオアシス3選

全国各地に整備されているハイウェイオアシスは、高速道路のSA・PAと連結し、高速から降りずに施設利用や観光ができます。今回は、東日本のユニークなハイウェイオアシスを3か所紹介します。

トイレや食事、買い物だけじゃない!

 高速道路には一定の間隔で、休憩施設のSAやPAが設置されていますが、そのなかにはハイウェイオアシスというものも存在します。

北関東道・壬生PA直結の「道の駅みぶ(壬生ハイウェイパーク)」(画像:NEXCO東日本)
北関東道・壬生PA直結の「道の駅みぶ(壬生ハイウェイパーク)」(画像:NEXCO東日本)

 ハイウェイオアシスは、その地元の公園や地域振興施設、観光施設などが併設されており、高速のICから降りずにそれらの施設を利用できるのが特徴です。

 今回は、NEXCO東日本管内から「目的地」にしたくなるような魅力的なハイウェイオアシスを3か所紹介します。

道の駅やおもちゃ博物館と隣接「壬生PA」

 北関東道の壬生PA(栃木県壬生町)は「道の駅みぶ」や「栃木県とちぎわんぱく公園」と隣接しており、PAから徒歩でアクセスが可能。

 公園は、トリックアートなど科学の原理と人間の生理を利用した“ふしぎ”な体験が楽しめる施設「ふしぎの船」をはじめ、迷路やカヌー遊びなどにも挑戦できます。

「壬生町おもちゃ博物館」は、玩具や鉄道模型などが数多く展示され、オリジナルのリカちゃん人形を作れる体験や、玩具の歴史を学べるコーナーもあります。入館料は大人600円、中学生以下の子ども300円です。

【写真】快適! 絶景! 個性的! 全国のハイウェイオアシスをチェック(25枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント