ホンダが「凄い新型SUV」を発表へ 爽快な走り&驚愕の後席を採用! 2023年春発売の新型「ZR-V」に初試乗してみた!

正式発売前のホンダ 新型SUV「ZR-V」にいち早く試乗しました。「ヴェゼル」と「CR-V」の中間ポジションに投入されるという新型車の第一印象はどのようなものだったのでしょうか。

「ヴェゼル以上CR-V以下」の立ち位置へ新たに投入される新型「ZR-V」

 この秋(2022年秋)に正式発表され、2023年春の発売が予定されているホンダの新型SUV「ZR-V」。そんな新型ZR-V 日本仕様の市販モデルに試乗してきました。
 
 そこで感じた新型ZR-Vの注目ポイントをお届けしましょう。

2023年春に発売を予定するホンダ 新型SUV「ZR-V」にいち早く先行試乗した!
2023年春に発売を予定するホンダ 新型SUV「ZR-V」にいち早く先行試乗した!

 まず新型ZR-Vの概要を説明すると、全長は4.5m強(正確な車体サイズは現時点では未公表)で、ホンダのSUVラインナップにおけるポジションは「ヴェゼル(全長4330mm)以上、CR-V(4605mm)未満」。

 パワーユニットは同社の「シビック」と共通で、1.5リッターターボエンジンのほか、最新の2.0リッターエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドも設定。いずれも駆動方式はFFのほか4WD(シビックには設定がない)を選べます。

 実車を見てまず感じたのは、CR-Vほどの“ワゴン感”がないこと。そしてどことなくヴェゼルのお兄さん的な雰囲気を持っていることです。

 その理由は背の高さでしょう。

 新型ZR-Vの全高は1600mm強と1680mmのCR-Vよりも低く、ヴェゼルに近いといえます。

 実は新型ZR-Vは北米では新型「HR-V」として、日本でいう先代ヴェゼルの後継というポジションを担うモデル。

 そのためSUVらしさの強いCR-Vに比べると、クロスオーバー感覚としたパッケージングとしているのです。

 一方で、ラゲッジルームの実用性はかなり力が入っていることが伝わってきました。

 たとえば荷室格納時は、昨今のSUVとしては珍しく後席前倒し時の座面が沈み込む機構(ヴェゼルにも採用)が組み込まれていて、倒すとフラットかつ低い床を実現するのです。

 ミドルサイズの全長ながら、高さを有効活用することで荷室空間を広げようという意気込みが伝わってきます。

 また、ラゲッジルームのトリムに波紋のような凹凸が設けられていますが、これがナイスアイデア。なんと、キズが目立つのを防ぐための新しい工夫なのだそうです。

 ちなみに、乗降時につま先が当たってキズが付きやすいドアトリム下部にも同じ工夫が採用されています。

 テールゲートは、電動開閉機構をなんと全車に標準採用と太っ腹。足の動きをきっかけにゲートが開閉するハンズフリー機能は上級グレードに採用されています。

【画像】カッコイイのに荷室が広い!? ホンダ 新型「ZR-V」の才色兼備な内外装を写真で見る(52枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. なるほど。シビックだけじゃなくCR-Vもベースにしているのか。

  2. ホンダ久しぶりの力作ですね!!ホンダファン以外も注目していますね?
    トヨタの営業マンも羨ましがってました!

    個人的にはサンルーフのオプション設定だけ欲しかったですね?

    • 上目遣いがカローラクロス。