思わず行きたくなる!「ドラマチック」強調した「佐野パークSA」誕生! 飲食も買い物も“ご当地全振り”その中身は?

東北道の下り佐野SAが、2022年7月に「ドラマチックエリア佐野」としてリニューアルオープンします。

佐野パークSAとして整備し「旅のドラマを演出」

 NEXCO東日本関東支社とネクセリア東日本関東西支店は2022年6月13日、東北道下りの佐野SA(栃木県佐野市)を「ドラマッチクエリア佐野」として7月13日にリニューアルオープンすると発表しました。

リニューアル後の東北道下り「佐野パークSA」(画像:NEXCO東日本)
リニューアル後の東北道下り「佐野パークSA」(画像:NEXCO東日本)

 佐野SAは上下線の施設が隣接しており、徒歩で往来が可能です。

 リニューアルは、この佐野SAをひとつの大きな「佐野パークSA」と見立てて、高台に位置する立地や広い園地を生かし、商業施設と一体で憩いの空間を創造するといいます。

 店舗は、「うきうき・のびのび・わくわくするピクニックテラス」をコンセプトとし、まるでピクニックに来たかのように心弾む商品やサービスを通じて、「佐野パークSA」ならではの消費体験を提供していくといいます。

 今回はその第1弾として、下り線側の商業施設やトイレ棟がリニューアルします。

 買い物コーナーは、ご当地の逸品や伝統工芸品の「間々田紐」「栃木レザー」などのほか、東京みやげを販売。佐野SA下り限定の「佐野らーめん」実寸大ラーメンケーキや、地元・第一酒造の甘酒も取り扱います。

 フードコートは、134席からリニューアル後は倍の258席に拡大。

 佐野らーめんの「さのや」、郷土料理「耳うどん」などを提供するそば・うどんの「栃乃木」、がっつりメニューが特徴の丼・定食「萬福」、佐野らーめんナポリタンといった斬新メニューもそろえる洋食「SANON」が出店。

 持ち帰りコーナーも、第一酒造とコラボした甘酒スムージー、佐野産いちごを使ったフレッシュジェラート、佐野のソウルフード・いもフライなどが楽しめます。

 商業施設の面積は約1667平方メートル、店舗運営者はグランビスタホテル&リゾートです。

 リニューアルオープンは7月13日ですが、そのあとも園地やカフェ店舗の工事が続き、改めてグランドオープンを迎える計画です。日程などは追って告知されます。

【画像】リニューアル後の「佐野パークSA」の姿を見る(10枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント