超大画面! 次世代「Apple CarPlay」世界初公開! 日本でも普及進む? 欧米とは異なるインフォテイメント事情

アップルが次世代「CarPlay」を発表しました。日本でもCarPlayを搭載する車種が増えていますが、欧米と比べると、日常的に使用している人は多くないようです。日本のる車内インフォテイメント事情はどうなっているのでしょうか。

メーター表示までカスタム可能! クルマの領域に大きく踏み込んだ

 アップルが開発者向けカンファレンスの「WWDC22」で、次世代「CarPlay(カープレイ)」を世界初公開しました。

 カープレイは、iPhoneと車載器が連携するアップル独自のシステムで、日本でもさまざまな国産車に採用されています。

次世代Alpple CarPlayが世界初公開
次世代Alpple CarPlayが世界初公開

 次世代カープレイでは、ダッシュボード内のスピードメーターやタコメーターなどのデジタル表示をカスタマイズすることも可能となりました。

 それによって、カーナビやSNSなど、インフォメーションとエンターテインメントを融合させた「インフォテイメント」から、クルマの基本構造である「走る・曲がる・止まる」領域や、またクルマ全体にかかわるデータ解析の領域に大きく踏み込んできた印象があります。

 今回の発表時点で、次世代カープレイの採用を決めた自動車ブランドは、アップルの資料の表示順で、レンジローバー、メルセデス・ベンツ、ポルシェ、日産、フォード、リンカーン、アウディ、ジャガー、アキュラ、ボルボ、ホンダ、ルノー、インフィニティ、ポールスターの14ブランドとなります。

 アップルといえば、自動運転BEV(電気自動車)の、いわゆる「アップルカー」を研究開発していることを、ティム・クックCEOがアメリカのメディアのインタビューのなかで明らかにしています。

 ただし、アップルカーについては事業性の観点から、アップルが独自に自動車メーカーとして車両を生産するのか、またはホンダとソニーのようにアップルも自動車メーカーと協業するのかなど、さまざまな可能性がアメリカのIT業界のなかで囁かれています。

 また、アップルカーはあくまでも自動車産業の実態を確認するための実証試験にとどめて、事業性が高いソフトウエア関連事業やデータの管理・解析に関する分野にアップルは新規事業を集約するのではないか、という見方もあります。

 そうしたなかで、今回の次世代カープレイ発表となったというわけです。

 カープレイはこれまで、段階的にアップグレードされてきましたが、今回はバージョンアップというより、大きな次のステージに入ったと呼べるのではないでしょうか。

 時計の針を少し戻すと、アップルは2013年のWWDCで、カープレイの前身となる「iOS in the car」構想を発表。

 それに対抗するように、グーグル(現在の親会社はアルファベット)は2014年に、アンドロイドフォンと車載器との連携システム「Android Auto(アンドロイドオート)」を発表しました。

 IT業界のツートップが相次いで自動車産業界に参入したことで、近い将来には自動車の産業構造が急激に変化するのではないかという見方がグローバルで一気に高まったといえます。

 その後、2010年代半ばになり、ドイツのメルセデス・ベンツが、自社の新規事業戦略としてCASEを提唱。通信によるコネクテッド、自動運転、シェアリングなどの新サービス、そして電動化が多角的に連動する時代がやってくると予測しました。

 アップルとグーグルとしては、カープレイとアンドロイドオート、そしてアップルカーとグーグルカーなど、量産型ビジネスの改良と実証試験を続けきたのです。

 そうしたなかで、カープレイとアンドロイドオートについては、インフォテイメントの領域からCASE全体との連携を模索するようになります。

【画像】インパネがほぼディスプレイ!? 巨大すぎて未来感ハンパない次世代Alpple CarPlayの画像を見る(22枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント