最強の「車中泊仕様車」が凄い! コロナ禍でも追い風の「キャンピングトレーラー」市場が盛り上がる理由とは

キャンピングカーが過去にない盛り上がりをみせています。10年に渡り右肩上がりの成長を遂げ、今も長い納車待ちが続く状況です。そんななかでも注目したいのが「キャンピングトレーラー」です。

キャンピングカーブームの中で注目すべきは「キャンピングトレーラー」だ

 ここ数年、キャンピングカーを見かけることが多くなったと感じることはありませんか。
 
 日本RV協会がまとめた「キャンピングカー白書2021」によれば、2020年の国内のキャンピングカー保有台数は約12万7400台。10年以上にわたって右肩上がりで、キャンピングカーの需要が増えていることが分かります。

トレーラーをトーイング(けん引)するピックアップトラック(画像はイメージです)
トレーラーをトーイング(けん引)するピックアップトラック(画像はイメージです)

 キャンピングカーが増えている要因には、核家族化、高齢化、アウトドアブームなどが挙げられますが、コロナ禍によるソーシャルディスタンスも業界にとっては追い風になりました。

 2022年3月に開催された「ジャパンキャンピングカーショー2022」において何店かのビルダーに聞いてみましたが、どこも受注は順調だということで、現在は納車まで1年から1年半待ちという返答がほとんどでした。

 キャンピングカーの長納期には理由があります。ひとつはベースになる車両生産の滞りです。

 自動車業界はコロナ禍の影響で半導体不足となり、従来の生産計画を下回る車種が少なくありません。

 これに加えて、キャンピングカーはインテリアを人の手で作り上げていくため、大がかりな生産設備がなければ、スピーディな大量生産ができないのです。

 それでも、待ってでも欲しいという人が後を絶たないキャンピングカーですが、市場では別な選択肢が注目されています。それは「キャンピングトレーラー」です。

 エンジンを持って自走するキャンピングカーに対して、キャンピングトレーラーはけん引するヘッド車が必要です。

 つまり、2台持ちがマストとなるわけですが、8ナンバーのキャンピングカーと比較してもメリットはあります。

 まず大きなメリットは、自走式に比べると圧倒的に維持費が少ないということ。

 自走式はクルマですので、車検やメンテナンスなどにそれなりの予算が必要です。排気量が大きければ、自動車税も数万円単位になります。

 一方、トレーラーはブレーキや保安器などの点検で済むので、車検費用が低く抑えられます。自動車税も、多くの都道府県で1万円強です。

 また自走式は年数と共に動産の価値が下がっていきますが、トレーラーは値下がり率が低いのもメリットのひとつです。

 デメリットといえば、駐車スペースがヘッド車と2台分必要なことくらいでしょうか。

 ただし駐車スペースが比較的確保しやすい地方部では、庭に置いて離れや子供部屋、仕事部屋として利用している人も少なくありません。

 ちなみに最大のメリットは、納期が短いこと。現車があれば、1か月以内に納車できる販売店がほとんどです。

 また実車をじっくり見て確認することができるため、納得のいく1台を選ぶことができます。

 さらに、同じような居住空間、装備を持った自走式に比べると、価格が2/3程度というのも魅力です。

 キャンピングトレーラーもここ数年、順調に需要を増やしています。

 市場で主力となっている輸入トレーラーで見てみると、2017年には300台だった輸入数が、2018年には396台、2019年は368台、2020年は355台と、堅調に推移していることが分かります(日本RV協会調べ)。また国産トレーラーの台数も順調に増加しています。

 2022年はまだコロナ禍などの影響で生産現場が混乱しているため、十分な台数が輸入されていないようですが、販売店によれば2023年以降は正常な状態に戻るということです。

【画像】憧れちゃう! 車中泊層も必見なキャンピングカーの写真をもっと見てみる(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

キャンピングトレーラーをけん引する日産 アルマーダ
トレーラーをトーイング(けん引)するピックアップトラック(イメージ)
1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント