トヨタが最強の新型「MT車」世界初公開!日産&ホンダも激アツMT登場! 「絶対買うべき!」 今年出るクルマとは

2022年は、トヨタ新型「GRスープラ」新型「GRカローラ」や日産新型「フェアレディZ」、ホンダ新型「シビックタイプR」などが登場します。どのような特徴があるのでしょうか。

今年は国産スポーツカーが豊作! 最強MT車がトヨタ・日産・ホンダから登場!

 2022年4月28日、TOYOTA GAZOO Racingは6速MTを追加した新型「GRスープラ」を世界初公開しました。
 
 2022年は、GRスープラ以外に新型「GRカローラ」や日産新型「フェアレディZ」、ホンダ新型「シビックタイプR」など、多彩なMTを設定するスポーツカーに注目が集まります。

MTは絶滅しない? 続々登場する国産スポーツカー(画像は新型フェアレディZのMTシフト)
MTは絶滅しない? 続々登場する国産スポーツカー(画像は新型フェアレディZのMTシフト)

 2019年1月に登場したGRスープラは5代目にあたり、2002年に4代目スープラの生産終了から17年ぶりに復活しました。

 BMWとの協業から誕生したGRスープラは「Z4」とプラットフォームやコンポーネントは共通ですが、パワートレインやチューニングなど差別化が図られています。

 GRスープラのボディサイズ(日本仕様)は、全長4380mm×全幅1865mm×全高1290mm-1295mm、ホイールベース2470mmです。

 パワートレインは、「RZグレード」に387馬力を発揮する3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載。

「SZ-Rグレード/SZグレード」に2リッター直列4気筒ターボエンジン(SZ-R:258馬力/SZ:197馬力)が搭載されています。

 発売当初は、8速スポーツATのみが設定されていましたが、今回新たに「RZグレード」のみに6速MTが追加されました。

 TOYOTA GAZOO Racingは6速MTの追加について、「GRのDNAを受け継ぎ、より一層、走りを楽しむために開発。お客さまのご期待にお応えする1台」と説明しています。

 GRスープラにMT仕様が追加されたことは世界中で話題になっていますが、2022年に新たなGRモデルとして登場したのが、新型「GRカローラ」です。

 2022年3月にアメリカカリフォルニア州ロングビーチにて世界初公開されました。

 新型GRカローラは、GRスープラ、「GRヤリス」、「GR86」に続くモデルです。

 新型GRカローラは「お客さまを虜にするカローラを取り戻したい!」とのモリゾウ選手(トヨタ社長・豊田章男氏)の想いから開発が始まったといいます。

 トヨタ「カローラスポーツ」をベースとしたボディサイズは全長4410mm×全幅1850mm×全高1480mm、ホイールベース2640mmです。

 パワートレインは、GRヤリスにも搭載した1.6リッター直列3気筒インタークーラーターボエンジンを強化することで最高出力304馬力を達成。トランスミッションは6速iMTを組み合わせています。
 
 なお、ショートストロークのシフトレバーにすることで腕の位置配置を自然にし素早いシフト操作を可能としました。

 そのほか、限界域での車両コントロールを確実なものにするためにパーキングブレーキには手引き式を採用しています。

 新型GRスープラの日本発売は2022年後半を予定しています。

【画像】マジ?「全部、今年出ます!」どのMTスポーツカーにする? トヨタ・日産・ホンダを比べて見る!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

16件のコメント

  1. ブレーキはスープラの圧勝です
    あとは判りません。

    • 登録車で300万円以下の4WDのMTをお願いします。

  2. MT需要の底支えをしているスズキは、本当にすごいと思う。
    高額な車も魅力的ですが、200万円以下で買えるような、少し気楽なモデルが増えないと、結局誰も興味を持てなくなる気がします。

  3. フェアレディZの全高1万4千315?あり得ないわ?

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  4. BMWの工場で作ってて、部品もほぼBMW製。
    86はスバルの工場製。
    トヨタにはプライドってものがないのか。
    プライドないから世界一儲かってるんだね

    • で、GRヤリスとGRカローラは自社工場で製造されていることについては?w

  5. カローラで1,850もあるのか。デカ過ぎる。

  6. この記事酷いな
    現在時点でコメント見る限り結構指摘されて修正してるのにも関わらずまだ誤字脱字が酷い
    読者に検閲させてるのかよ

    • 検閲じゃなくて校閲。

    • 検閲じゃなくて校閲。

  7. マニュアル車復興は無いかもしれないがワタクシのようなマニュアルオタクなおやじにはありがたい内容ではある。絶滅しないでちょうだいマセ。

  8. 考えてみると、全車EVになったらMTは消えるのか。乗りたくないな、EVもATも。
    まさかエンジンの代わりにモーター回して、動力はクラッチを経由して・・・なんて無駄はありえないだろうし。

  9. 限界域での車両コントロールを確実なものにするためにパーキングブレーキには手引き式を採用 > この会社って本音と建前の世界に毒されてるよね

    • つまり、凍結路面での360度ターンごっこや、掛かって欲しくないABSのせいで危うく追突しそうになったら手引きの駐車ブレーキを最大限活用ってことですね。