「SUBARU BRZ」でカーボンニュートラル社会に挑む! バイオマス燃料でS耐久参戦! ゼロから開発とは

スバルの中村社長は、2021年11月13日にスーパー耐久シリーズの定例会見にて「2022年のS耐でカーボンニュートラル燃料の実証に向けてBRZで参戦する」とアナウンス。2022年のスーパー耐久には合成燃料(バイオマス)を使用するSUBARU BRZをベースとした車両の開発が進められています。どのような流れでスーパー耐久に挑戦するのでしょうか。

合成燃料を使用した「SUBARU BRZ」でスーパー耐久に参戦!

 2021年のスーパー耐久最終戦(岡山)の定例会見にて「モータースポーツの場を活用してGR86/スバルBRZの次世代モデルの先行開発を公開しながら行なう」「カーボンニュートラル燃料の実証」も兼ねるというこれまでの自動車開発の常識を大きく変えたプロジェクトが発表されました。
 
 スバルとしては、2代目となった「SUBARU BRZ」の開発、さらに初のグローバルBEV「ソルテラ」の開発などによってトヨタとの関係はより密接になっています。

「SUBARU BRZ」で挑む! 合成燃料を使用する車両開発はどんな感じ?
「SUBARU BRZ」で挑む! 合成燃料を使用する車両開発はどんな感じ?

 そんな関係性からスーパー耐久レース参戦の話は、以前から現場サイドでは「一緒にやりたいですよね」という話は出ていたと言います。

 そして、トヨタの豊田章男社長からスバルの中村知美社長への「モータースポーツの現場で、カーボンニュートラル燃料を使った内燃機関の技術開発を一緒にやっていきませんか?」というホットラインが決め手となったそうです。

 スーパー耐久レースへの参戦は、スバルのキーテクノロジーの1つ「水平対向エンジン」を次の世代に繋げるための挑戦に加えて、エンジニアの人材育成も大きなミッションとなっています。

 かつて、WRC(世界ラリー選手権)に参戦していた時はスバルのエンジニアも積極的にモータースポーツに参画しており、それが元で多くの人材が育ったようです。

 しかし、2008年に活動をやめて以降、その流れが途切れてしまったといいます。

 スバルの藤貫CTOはそんな危機感をずっと持っていたようで、「トヨタさんからお誘いいただいた時、クルマ1台を見ることができるエンジニア、アジャイルに開発ができるエンジニアを育成できるチャンスだと思いました」と語っています。

 スーパー耐久レース参戦の監督は、スバル研究実験センターのセンター長である本井雅人氏。

 同氏はスバルドライビングアカデミー(SDA)の創設に関わった1人です。

「SDAはエンジニアの運転スキルと評価能力を高めるスバルの人材育成の取り組みの1つですが、スーパー耐久レースへの参戦はその延長線上にあると認識しています。

 量産車のエンジニアは『モータースポーツは自分達とは管轄が違うので』と言う人が多いですが、『いやいや、クルマである以上は何も変わらない。つまり、量産技術に繋がる』という事を、身を持って理解してもらいたいですね」

 ちなみにスバルのモータースポーツは子会社のSTI(スバルテクニカインターナショナル株式会社)が担当していますが、今回のプロジェクトはスバルが担当します。

「この挑戦は『クルマづくりを改めて学ぶ』という『人材育成』が目的なので、我々が直接やらなければ意味がありません」(藤貫氏)

 そのため、当初は「勝ち負け」よりも「参加する事に意義がある」というテーマだったそうです。

 しかし前述の最終戦で行なわれた記者会見にて中村社長の「レースはガチンコ勝負ですので、競い合いながら、カーボンニュートラル実現に向けて挑戦していきたい」という発言から流れが少し変わったと言います。

 たしかに過去を振り返ると、モータースポーツの世界でスバルは「インプレッサWRX STI」で、三菱「ランサーエボリューション」との戦いの歴史を行なった経験があります。

 本気で競い合うからこそ、クルマも人も成長する。それは昔も今も変わりません。

【画像】スバルのカーボンニュートラルへの挑戦! 「SUBARU BRZ」はどのように開発された?(26枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント