富士スピードウェイで新型アウディ「RS3」に乗った! RSモデルに共通する乗り味とは

富士スピードウェイの本コースを舞台に、アウディのドライビングイベント「アウディスポーツ・サーキット・テストドライブ」が開催されました。そこでは2021年11月に日本上陸したホットモデル「RS3セダン」をはじめ数多くのRSモデルに試乗。それらに共通する走り味とはなんなのでしょうか。岡本幸一郎氏のレポートです。

上陸間もない「RS3セダン」に富士スピードウェイで試乗

 アウディでは、サーキットでドライビングを存分に楽しんでもらう「Audi driving experience(アウディ・ドライビング・エクスペリエンス)」をはじめ、安全運転やスポーツ走行を学べる各種イベントを実施しています。

 なかでも、アウディ スポーツが開発した「R8」やRSモデルなど高性能モデルの卓越したパフォーマンスを堪能すべく、2016年にスタートした「Audi Sport Circuit Test Drive(アウディスポーツ・サーキット・テストドライブ)」は、毎年この時期、オーナー向けのイベントの翌日に、我々メディア向けにもアウディスポーツが手がけた高性能車をイッキ乗りできる機会が設けられるのが恒例となっています。

 今回ドライブしたのは、400馬力の「RS3セダン」、645馬力の「RS e-tron GT」、620馬力の「R8クーペV10パフォーマンス」、600馬力の「RS6アバント」という4モデルです。

 日本での発表は2021年11月27日と、上陸してまもない新型RS3についても、この日のために用意された貴重な1台に乗せてもらい、いちはやくその走りを味わうことができました。他モデルでは富士スピードウェイの本コースを2周のところ、RS3はアウトインの1周のみで、話題となっているドリフトモードも使用しないようにと伝えられたのですが、その刺激的な走りの片鱗をうかがいしるには十分でした。

2021年11月27日に発表されたアウディ新型「RS3セダン」。発売は2022年4月下旬だが、早くもサーキットで試乗することができた
2021年11月27日に発表されたアウディ新型「RS3セダン」。発売は2022年4月下旬だが、早くもサーキットで試乗することができた

 新型RS3は、従来比で20Nm増の500Nmの最大トルクを発揮する2.5リッター直列5気筒ターボエンジンは、速さに加えて5気筒ならではのエキゾーストサウンドも独特です。さすがは9年連続でエンジン・パフォーマンス・オブ・ザ・イヤーに輝いたというだけあって、味わい深いエンジンです。

 さらに、トルクスプリットを搭載していて、リアデフの左右にクラッチを搭載していて、ハンドリングも面白い。どれぐらいステアリングを切ってアクセルを踏んでいるかに合わせて積極的に後輪をベクタリングしているようで、小さな舵角のままグイグイと曲がっていくのは、ちょっと不思議な感覚です。4輪の駆動力を緻密に制御していることが伝わってきます。

 今回はあっという間に入魂の1周が終わってしまいましたが、いつかぜひ話題のドリフトモードを試してみたいと思わずにいられません。

 RS e-tron GTは、640馬力で830Nmというアウディ史上もっともパワフルなスペックを誇ります。

アウディ「RS e-tron」のサーキットでの走り
アウディ「RS e-tron」のサーキットでの走り

 3チャンバーを備えたアダプティブエアサスと可変式ダンパーを標準装備し、ロールやピッチが巧みに抑えられていて、その走りは地を這うかのようにフラット。車高は90km/hでは11mm、180km/hでは22mm、自動的に低くなります。

 リアモーターに2段の変速ギアを備えているのも特徴で、通常は2速で走行し、最高速が苦手とされるEVながらメインストレートではメーター読みで250km/h出ることも確認しました。

 逆にドライブセレクトでダイナミックモードを選択すると、90km/hまで1速ギアを使うようになり、低速コーナーからの立ち上がりがより俊敏になります。

 4WS機構も効いて大柄ながらクルマの動きに一体感があるので、車重が約2.3トンもあることを忘れてしまいそうですが、いかにもキャパの大きそうなブレーキがついているおかげで、減速時にも不安に感じることはありません。今回ドライブした4モデルのなかでも、一番乗りやすかったと感じています。

 e-tron GTが出てから、すでにいろいろなシーンを走らせる機会があり、感心してきましたが、今回サーキットを全開で走らせて、あらためてとてつもないEVであることを思い知った次第です。

【画像】アウディ「RS3」「R8」「RS e-tron」「RS6アバント」を画像でチェック(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント