ホンダ「フィット」はなぜ苦戦? 身内に強敵!? 小型車人気でもライバル勢に勝てない理由とは

主力コンパクトカーの新型モデル投入が相次ぎ、販売も好調です。また、軽自動車も人気を博しており、小型車のニーズが高まっているなか、ホンダ「フィット」の販売が順調とはいえません。なぜフィットは苦戦するのでしょうか。

コンパクトカーや軽自動車が好調

 クルマには複数のカテゴリーがありますが、売れ行きを見ると、小型/普通車では5ナンバーサイズのコンパクトカーが好調です。国内で新車として売られる小型/普通車の約40%を占めています。

 もともと日本は道路と駐車場が狭いので、小さなクルマが使いやすいです。そのためにコンパクトカーの販売も好調ですが、最近はさらに販売比率が増えました。

2020年2月にフルモデルチェンジして登場したホンダ「フィット」(4代目)
2020年2月にフルモデルチェンジして登場したホンダ「フィット」(4代目)

 このようにコンパクトカーの人気が高まり、最近はフルモデルチェンジや新型車の投入も活発です。

 トヨタ「ヤリス」とホンダ「フィット」は2020年2月、スズキ「ソリオ」は同年11月、日産「ノート」は同年12月、トヨタ「アクア」は2021年7月、日産「ノート オーラ」は同年8月という具合に、コンパクトカーの新型車が相次いで登場しています。

 そして各車種ともに売れ行きは堅調です。

 2021年1月から10月の1か月平均登録台数は、ヤリスが約8660台(SUVの「ヤリスクロス」とスポーツモデルの「GRヤリス」を除く)、ノートは約7240台(「オーラ」を含む)、フィットは約4820台でした。アクアは現行型の発売後となる2021年8月から10月の1か月平均が9400台に達しています。

 なかでもノートとアクアは、ガソリンエンジンを用意しないハイブリッド専用車です。価格帯も高く、ノートと上級のオーラでは売れ筋が220万から270万円に達していますが、高価格車のみの設定ながら売れ行きは堅調に推移しています。

 またアクアは前述の通り発売後の1か月平均登録台数は9000台を超えています。

 同じプラットフォームを使うトヨタ「ヤリスハイブリッド」に比べると、アクアは後席の居住性、内装の質、乗り心地、静粛性などが上まわります。

 価格(消費是込み)は、ヤリスハイブリッドが199万8000円から252万2000円、アクアが198万円から259万円8000とほとんど変わらず、ヤリスハイブリッドよりも強い魅力を備えることでアクアは売れ行きを伸ばしました。

 そうなるとヤリスのユーザーがアクアに奪われます。直近となる2021年10月のヤリスの登録台数は4980台(ヤリスクロスとGRヤリスを除く)なので、前年10月の1万190台に比べると半数以下です。発売から時間が経過して目新しさが薄れ、アクアも割安な価格で投入された結果、ヤリスは以前に比べて勢いが弱まりました。

 しかしそのヤリスよりも売れていないコンパクトカーがフィットです。前述の通り2021年1月から10月におけるフィットの1か月平均登録台数は約4820台なので、ヤリスの約8660台(SUVのヤリスクロスとスポーツモデルのGRヤリスを除く)、ノートの約7240台に比べて圧倒的に少ないです。

 先代フィットの売れ行きは、2019年の1か月平均が約6200台でした。2019年はコロナ禍前なので差し引いて考える必要はありますが、それにしても先代型のモデル末期が約6200台、2020年に刷新された現行型が約4820台というのは、不満の伴う販売実績でしょう。

【画像】フィットのデザインは好みが分かれる? 5つの癒し系グレードとアグレッシブなモデューロX(29枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

8件のコメント

  1. 「MTやRSを廃止するとMTやRSに拘る人間だけが離れる」
    という間違った考えに基づいて廃止してしまったから

    例え生産台数が少なかったり実物が余り売れなかったとしても
    MTやRSというグレードが設定されてること自体が
    「フィット」というクルマ自体への強力な宣伝効果であり
    MTやRSを設けて作るコストを巻き返せるほどに
    CVTや通常グレードの売上を伸ばせる効果が今まであった

    元々トヨタが手をつけてないN-BOXみたいなクルマならともかく
    とっくにライバルの多い5ナンバーハッチバックでそれを失えば
    もはや「フィットはフィットである」ことを失ってるも同然で

    今までCVTや通常グレードのフィットを支えてきた層まで
    新型フィットどころかホンダのクルマに乗り換えることすら
    選択肢から外されるほどフィットにとってMTとRSの存在は大きかった

  2. そもそもフィットは顔がダセェ

  3. 背が高い、スライドドア、軽自動車が売れ筋の日本では、この手のコンパクトカーは昔と比べて売るのが難しくなったと思う。
    決してフィットの出来が悪い訳では無いんだよね。
    しかし、身内の同価格帯にはNシリーズやヴェゼル、フリードといった強敵が居るから、どうしても埋もれてしまうんだと思う。
    また、外観のデザインが好きじゃないからという理由で候補から外れるというケースがもし多いんだとしたら、それは非常に勿体ないと思う。
    そういうユーザーを取り込む為にも、軽やステップワゴンみたいにカスタムグレードを作ったら良いと思う。
    ただし、今のデザインが良いと言う人も勿論居るだろうから、この顔は残すべきかと。

  4. オプションパーツの「フロントグリル ガソリン車用」を標準パーツにしよう

  5. フィットが人気無いというより
    ホンダのセールス力が弱く他社競合では勝てないし
    自社内の人気車種に隔たる傾向(フィットよりN-BOXやヴェゼル、フリードに食われてる)
    半導体不足や国内工場閉鎖生産縮小などによる月産数低下の煽り
    などの影響が大きいんだとみるが、
    その上で現行フィットはバリエーションが多すぎる割にどれも地味で印象が弱い事も
    セールスの弱さに繋がってるんだと思いますよ。

  6. 先月も先々月も乗用車ブランド通称名別順位は8位ですよね、
    ホンダの今の生産販売力からすればこんなもんでしょう
    けっして極端な販売不調低迷してる訳ではないのに
    先入観で根も葉もないとこから根拠なく競合他車より劣ってると
    ネガティブキャンペーンしてる様に見えるんですが?

  7. 見方を変えれば
    11月の登録台数
    フィットが約6千台ですが、
    フィット派生のヴェゼル、フリードを含めれば1万6千台超える、
    これは首位のカローラシリーズ1万3千強や
    ヤリス(GRヤリス、ヤリスクロス含む)の1万2千弱より多い、
    とは言えトヨタの小型車すべて足した台数には及ばないかもしれんが、
    日産のノート(オーラ含む)+キックスの1万1千5百程には圧勝してる訳で、
    ホンダとしては苦しい状況と言えないんじゃないでしょうか?

  8. フィット単体として見れば、確かに他社競合車と比較してしまうとイマイチ伸び悩んでいるように見える。メーカーの目標台数からしても販売不振なのは間違いない。

    だが、メーカーとしての総合しての利益はどうなのか?
    フィットが競合他車より販売が落ちる分、N-BOX、フリード、ヴェゼルが順調に売上を伸ばしているではないか。
    フィット単体でも、目標には届かなくとも売上、引いては利益は出ているのか?
    トントンもしくは利益の方が上になっていれば良いのではないか。損失があっても他車種で十分カバーして利益が取れるなら、このカテゴリーの需要を考えれば良しとすべきだと思う。

    もし、メーカーの方向性としてフィット単体でも利益が取れないとダメとするなら、現在の商品力ではまだまだ足りないのではないかと感じる。
    現在のフィットは単体としてのキャラクターは定まっているが、全てのユーザーやファンのニーズを満たしているとは思えない。飼い犬のような可愛らしさや、居心地の良さ、従来から持つ利便性、そこを求める人までであれば良い。
    でも、先代までのスタイリッシュさ、RSのような現実においてもスポーティな走り、それに優れたパッケージングと利便性を求めるユーザーやファンは離れてしまうとは考えなかったのだろうか?

    今のフィットには、イメージリーダーになるものがない。先代までのユーザーやファンに全てフィットしている訳ではない。
    これを打開するには、フィット2、3のようなスタイリッシュなカスタムモデルが必要に感じる。ネスのような中途半端なアクティブ性よりも、RSを復活させ、クロスターもカスタムモデルをベースに設定した方が絶対にマッチする。
    特に、フィット4は外観内装共にオプションパーツだけでキリッとさせられるレベルのデザインではないから、カスタムモデルは設定するべきだと、個人的には考えている。