人気ワゴン「トール&ルーミー」はいつ電動化? ダイハツ「すみやかに軽自動車へ展開」も 簡単ではない電動化の行方とは

ダイハツは、2021年11月1日にコンパクトSUV「ロッキー」のハイブリッド車を発売しました。エンジンを発電専用として使用する「シリーズハイブリッド」を採用しますが、そのなかでダイハツは「電動化技術をすみやかに軽自動車へ展開していきます」と説明していました。では、人気ワゴン「トール」や軽自動車「タント」はいつ頃電動化されるのでしょうか。

トール&ルーミーはいつ電動化されるのか

 ダイハツが新たに発売した「ロッキーハイブリッド」。

 その説明会において、担当エンジニアは「今後、すみやかに軽自動車へ展開していきます」と説明しました。

 では、人気のコンパクトワゴン「トール」(OEMのトヨタ「ルーミー」)や軽自動車「タント」は、いつハイブリッド車が投入されるのでしょうか。

ロッキーの次に電動化されるのは? 簡単ではない電動化の道筋
ロッキーの次に電動化されるのは? 簡単ではない電動化の道筋

 ロッキーハイブリッドが採用したハイブリッドシステムは、日産以外の量産乗用車としてはじめてとなるシリーズハイブリッド。

 同システムはエンジンが発電機に徹し、駆動力はすべてモーターが生みだすことで構造をシンプルにできること、そしてコストを抑えられることなどをメリットとしてあげられます。

 また、ダイハツはコンパクトカーや軽自動車を得意とすることから、ロッキーの次にハイブリッドが用意されるモデルもコンパクトカーもしくは軽自動車となるのは誰の目にも明らかでしょう。

 とはいえ現時点では、ロッキーの次のハイブリッドモデルが「いつ、どのモデルになるのか?」は明らかにされていません。

 ハイブリッドモデルを1台送り出せば、次のモデルも簡単に出せるのか、それはノーです。

 たとえばロッキーは、見た目でわかるガソリン車との空間の使い方の違いは荷室床下に留めています。

 電装補器類用のバッテリーがエンジンルームから移設されて置かれ、またオプションのアクセサリーコンセント(AC100V電源)装着車はそのインバーターが設置されることで荷室床下スペースが狭くなっています。

 しかし、それができるのはロッキーのパッケージングにハイブリッドシステムを搭載する余地があったからでした。たとえばハイブリッドの駆動用バッテリーは、後席座面下のスペースに置かれています。

 ダイハツには人気コンパクトカーとして「トール」がありハイブリッド化も期待されるところですが、簡単にはいかないでしょう。

 トールのパッケージングを考えると、ハイブリッドシステムを収める空間がないことがわかります。

 トールは低い荷室床面が特徴ですが、床下に補器類バッテリーを収めると床が高くなるのは避けられません。

 またシートスライドや低く折り畳むことを考えると、駆動用バッテリーを後席床下へ置くのは不可能と思われます。

 もしハイブリッド化を強行してシートスライドや低く沈む後席格納がなく、荷室の床も高いトールハイブリッドが登場しても、その商品力が高いとは思えません。

 そう考えると、トールのハイブリッド化はハードルが極めて高いことだと理解できます。

 また、プラットフォームの都合もあります。ロッキーが採用しているDNGAと呼ぶ基本構造はあらかじめ電動化を視野に入れた設計ですが、トールのプラットフォームは古い世代のタイプなのでハイブリッドの搭載は簡単にはいかないのです。

【画像】ルーミー人気に隠れるも! イケメンすぎる「トール」を見る!(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. それ以前にトール&ルーミーは部品調達遅延問題により
    今年後半の生産が滞って登録台数順位が急下落してる。
    そちらの解消が先だね。