レーサー気分を味わえる!? レース参戦車のベースとなったスポーツカーが魅力的

モータースポーツファンともなれば、レースそのものだけでなく、レーシングカーにも心を惹かれるもの。GT3やGT4車両とまではいかないまでも、ベースとなったクルマに乗りたいと思う人も多いのではないでしょうか。レーシングカーのベースとなったモデルにはどのようなものがあるのでしょうか。

モータースポーツで活躍するマシンのベース車は?

 クルマ好きのなかには、モータースポーツに興味を持っている人が少なくありません。

 それというのも、モータースポーツは高性能のアピールの場であるとともに、競争による切磋琢磨が自動車の進化に大きく貢献してきた歴史があるため、クルマに興味を持てば持つほど必然的にモータースポーツにも目が向くというわけです。

 数あるレースのなかでも人気なのが、高性能な市販車をベースとしたGTレースでしょう。

 そんなレーシングカーのベースとなり、市販車でもレースの雰囲気を楽しめるモデルにはどのようなものがあるのでしょうか。

スーパーGT 300クラスに参戦するレース車両のベースとなるトヨタ「86」(初代)
スーパーGT 300クラスに参戦するレース車両のベースとなるトヨタ「86」(初代)

●トヨタ「86」/スバル「BRZ」

 2012年に登場したトヨタ「86」とスバル「BRZ」は、両メーカーが共同で開発したFRのスポーツカーです。

 初代86・BRZは軽量かつコンパクトであることを徹底した2ドアクーペボディに、スバルの水平対向エンジンとトヨタの直噴システム「D-4S」を組み合わせた2リッター4気筒エンジンを搭載。

 低重心であるとともに、2リッター自然吸気としては高出力の207馬力(後期MT車)と、12.8km/L(WLTCモード)という高い燃費性能を両立しています。

 トランスミッションには、シフトフィールにこだわった6速MTとマニュアルモードとシフトダウン時に回転数をあわせるブリッピング機能が備わる6速ATを用意。どちらも操る楽しさを追求しました。

 さらに、2021年に両車はフルモデルチェンジを果たし、新たに2.4リッター水平対向エンジンを搭載。走行性能にも磨きをかけ、新世代のFRスポーツカーに進化しています。

 86とBRZが参戦するのは、グランドツーリングカーレースの国内最高峰である「スーパーGT」です。

 もちろんレース車両の中身は市販車とはまったくの別物なのですが、86とBRZは市販車の面影を残しつつ、「GT300」というカテゴリーにエントリーしています。

 しかし、86は「JAF-GT300マザーシャシー(現在はGT300MC)」、BRZは「JAF-GT300(現在はGT300)」という異なる車両規格での参戦で、姉妹車でありながら両車は違うクルマに仕立てられているのです。

 ちなみに2021年の選手権では、「BRZ」は新型(2代目)ベースのマシンに改められています。

 両車はトップカテゴリーのベース車両であるだけでなく、市販車のオーナーが参加できるワンメイクレースも開催されています。

【画像】スーパーGTやWRC参戦車も市販車がベース! レーサー気分が味わえるスポーツカーたち(26枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント