「アップルカー」登場間近!? iPhone製造のフォックスコンが自動車業界に参入する狙いとは

アップルのiPhone製造を手掛けるフォックスコンがステランティスと連携し、自動車業界へ参入すると発表しました。アップルと関係があるフォックスコンだけに、「アップルカー」登場に期待がかかりますが、一体どうなるのでしょうか。

台湾・フォックスコンがステランティスと連携

 ステランティスとフォックスコンがオンライン記者会見を開くとの情報で、自動車産業界が「アップルカーの発表か?」とざわつきました。

 ステランティスとは、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と、プジョー・シトロエン(PSA)が2020年末に合併して誕生した自動車メーカーです。

CES2020で発表されたフォックスコンとFCA(当時)のコラボ車「エアフロービジョン コンセプト」
CES2020で発表されたフォックスコンとFCA(当時)のコラボ車「エアフロービジョン コンセプト」

 販売台数ではトヨタグループ、フォルクスワーゲングループ、ルノー日産三菱に次ぐ世界第4位ですが、ジープやラム、アバルトなど個性が強いブランドが多いのが特徴です。

 一方、フォックスコン(鴻海科技集団)は台湾のIT系企業で、欧米の有名ブランド製品のOEM(相手先ブランド製造)をおこなう企業です。

 なかでも有名なのが、アップルの「iPhone(アイフォン)」の製造です。また、2016年に日本のシャープを買収したことで、フォックスコンの名前が記憶に残っている人もいるのではないでしょうか。

 フォックスコンが大手自動車メーカーと新たな連携をおこなうと聞けば、アップルが市場導入を目指して研究開発中の自動運転EV「アップルカー」の陰がちらつくのは当然のことだと思います。

 こうした憶測が飛び交うなか、2021年5月18日に発表された内容は、ステランティスとフォックスコンが「Mobile Drive(モバイルドライブ)」という合弁企業をオランダで設立し、ソフトウエアファーストなクルマの開発やクルマに関わるサービスの提供をおこなうというものでした。

 公開された画像や動画では、車内に複数の大型ディスプレイがあり、いわゆるコネクテッドカーとしてさまざまな通信機能とサービスを実現するとの説明がありました。

 正直なところ、インテリアデザインの観点では、これまでほかで見たことのないような斬新さはとくになく、両社幹部の説明や欧米の記者との質疑応答でも驚くような発言はありませんでした。

 両社が一貫して主張したことは、「自動車のユーザーの生活実情に合わせた最適なサービスを第一に考える」という点です。ハードウエアやソフトウエアの研究開発は、そうした出口戦略に向けた手段に過ぎない、という考え方です。

 この発想は、iPhoneに代表されるスマートフォンの世界的な大成功を実現したフォックスコンの実績と知見に直結すると思います。

【画像】モバイルドライブのコネクテッドカーは「走るスマホ」!? 巨大ディスプレイが先進的(14枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. APPLEはPOWERBOOK140からお世話になっている。 仕事上インターフェイスにWIN10も使うが、画像処理や加工はやはりMACに一日の長がある。 現在、自分が経営している法人のオフィスではWIN10 2台+MACの併用。 自宅はMAC。出先ではWIN10。 メインはIPADPRO11インチとクラウド。20万円もするが、2画面で並行でアプリ開けて仕事できるし、録音しながらメモをAPPLEPENで手書きする。
    たまに、ため込んだ映画や書籍を読む。
    仕事のイメージは、ADOBEでスケッチして、スケジュール管理、写メ撮って、隙間時間にメールとLINE チャットワークとナンでもできる。 アンドロイドタブレットでも可能だが、操作性は断然楽。
    で、これを車に乗るとき、インスツルメントパネルにペチャッと貼り付けて、ナビと音楽と電話に使えればいいなあ。 APPLECARができたらそうなるだろうと期待が大きい。