ホンダ「S660」最後のモデル登場! 大人のスポーツカー「モデューロX バージョンZ」がアツい!

ホンダの軽2シーターオープンカー「S660」の生産が2022年3月に終了することが明らかになりました。そして、最後の特別仕様車として「S660 モデューロX バージョンZ」が発売されましたが、フィナーレを飾るモデルにはどのような特徴があるのでしょうか。

S660の最後を飾る特別仕様車「モデューロX バージョンZ」

 ホンダの軽2シーターオープンカー「S660」が、1年後の2022年3月に生産終了することが決まりました。

 2015年4月に登場したS660は、エンジンをミッドシップに配置し後輪を駆動する「MR」を採用。

 優れたコーナリング性能を実現し、軽快な走りが楽しめるモデルとして、これまでに累計3万台以上が販売され、多くのファンに愛されてきました。

ホンダ「S660」最後の特別仕様車「モデューロX バージョンZ」
ホンダ「S660」最後の特別仕様車「モデューロX バージョンZ」

 しかし、年々厳しくなる騒音・燃費・安全などの規制へ対応することが難しくなり、登場から約7年で幕を閉じることになったのです。

 そしてS660最後の特別仕様車として「S660 モデューロX バージョンZ」が2021年3月12日発表・発売されました。

「モデューロXシリーズ」とは、ホンダ車を知り尽くしたホンダアクセスのエンジニアが匠の技でつくりあげた、ホンダ純正のコンプリートカーです。

 2013年1月に発売された「N-BOX」からスタートし、現在ではさまざまなモデルに設定され、これまでに約2万台のモデューロXシリーズが販売されました。

 モデューロXシリーズは意のままに操れる操縦性や、所有感を満たし、走行性能に寄与するデザインを有し、見て触れて乗って実感できる上質感にこだわって開発。

 空力性能を高めるエアロパーツや幅広い走行シーンに対応し、扱いやすさとしなやかさを両立する、専用サスペンションなどを搭載しています。

 そして意のままに曲がれるということも重要とされており、コーナーの出口に向かってつねに旋回姿勢を取っていることが、モデューロXの楽しさにもつながっているといいます。

 S660 モデューロXは、「NSX」や「シビックタイプR」といったホンダスポーツの系譜を感じさせるシャープでダイナミックな空力スタイルを採用。

 空気の流れが見えるシャープな立体造形とすることで、モデューロXらしさを表現しました。

 そしてS660最後の特別仕様車として登場したモデューロX バージョンZは、モデューロX専用の各種パーツ・性能にプラスして、スポーツカー好きに刺さるインパクトのあるデザインを実現しています。

 外装は、ブラッククローム調のエンブレムやブラックの専用アクティブスポイラー、ステルスブラックのアルミホイールなど黒を強調するとともに、ボディカラーは「プレミアムスターホワイトパール」に加え、特別色として「ソニックグレー・パール」を設定。

 このソニックグレー・パールは、2020年1月にマイナーチェンジした「シビックハッチバック」に設定されたカラーと同じ濃いめのシックなグレーで、大人のスポーツカーを目指したS660モデューロX バージョンZによくマッチしています。

 内装は、メーターバイザーや助手席エアアウトレット、センターコンソールの各パネル部をカーボン調に変更。

 ブラックのラックススエードとボルドーレッド(合皮)を組み合わせたドアライニングパネルにグレーのステッチを施すなど、上質かつスポーティなデザインとしました。

 インテリアは運転中に常に目に留まる部分を中心にこだわりが感じられ、S660のファイナルを飾るモデルにふさわしい特別仕様に仕上がっています。

【画像】ホンダ「S660」涙の生産終了へ… 大人カッコイイ最後の特別モデル登場!(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント