ホンダが誇る軽スポーツの2台! 「ビート」と「S660」で納得の共通点とは?

ホンダは2021年3月12日に、「S660」の生産を2022年3月に終了すると発表。2015年にデビューしたS660は、往年の軽スポーツである「ビート」の再来とも評され、大いに話題となりました。そこで、ビートとS660というホンダが誇る2台のオープンカーについて、振り返ります。

「ビート」と「S660」、2台の偉大な軽自動車を振り返る

 ホンダは2021年3月12日に、軽自動車でありながらピュアスポーツカーの「S660」について、2022年3月をもって生産を終了すると発表しました。

ホンダが誇る2台の軽オープンスポーツカーを紐解く
ホンダが誇る2台の軽オープンスポーツカーを紐解く

 類まれな性能や品質を実現したS660は2015年に誕生。当時は往年のミッドシップスポーツである「ビート」の再来ともいわれ、待ち望んでいたファンが歓喜に包まれました。

 しかし、最近は販売台数の低迷が続いており、2022年からの騒音や燃費、安全性に関する規制強化の対応は、コスト的に難しいとの経営判断から、S660の生産終了が決定。

 そこで、ビートとS660というホンダが誇る2台のオープンカーはどんなクルマだったのか、改めて振り返ります。

※ ※ ※

 1991年5月16日、ホンダはそれまでにないミッドシップオープン2シーターの軽自動車ビートを発売し、大いに注目されました。

 ボディサイズは3295mm×全幅1395mm×全高1175mmと全高がかなり低く、外板のあらゆる角を丸くしたことでコンパクトながらもカタマリ感を演出。

 キャビンを車体中央よりもやや後ろに配置した絶妙なバランスで、低いボンネットからリアまでなだらかに上昇するラインは美しささえ感じられます。

 なお、公式にはアナウンスされていませんが、フェラーリなどのデザインを手掛けるピニンファリーナがデザインに関わっていたという噂がありました。

 ルーフは手動式のソフトトップを採用し、手軽にオープンエアモータリングが楽しめ、ソフトトップを開けても閉めてもスタイリッシュなフォルムを実現。

 室内はかなりタイトな設計で、センターコンソールを助手席側にオフセットさせることで、ドライバーのスペースが優先されました。

 シート生地にはゼブラ柄を採用するなどポップな印象で、着座位置も低かったことから体感的なスピードが速く感じられたほどです。

 ドライバーの正面にはオートバイをイメージしてデザインされた3連メーターを設置。中央には1万回転まで刻まれた白地のタコメーター、右に同じく白地のスピードメーター、左には黒地の水温計と燃料計のコンビネーションと各種警告灯がレイアウトされ、シンプルで視認性も良好となっています。

 エアコンは標準装備でしたがオーディオはディーラーオプションで、センターコンソールにはDIN規格のスペースがなかったことから、専用オーディオ以外は取り付けができませんでした。

 リアアクスルのほぼ直上に横置きに搭載されたエンジンは、660cc直列3気筒SOHCで、「アクティ」や「トゥデイ」のエンジンをベースに開発。専用の3連スロットルバルブが奢られ、カムシャフトやピストンもビート専用となっており、最高出力は自然吸気ながら64馬力を発揮します。

 760kgとトゥデイよりも100kgほど重い車重とあってトルク不足は否めませんでしたが、3連スロットルバルブの恩恵でアクセルに対する反応はシャープで、スポーティな走りが可能でした。

 トランスミッションは5速MTのみでシフトストロークは短く、ワイヤー式のシフトながらシフトフィーリングは良好です。

 サスペンションは4輪ストラットの独立懸架で、リア寄りの重量配分からパワーステアリングを必要とせず、クイックなハンドリングを実現。操縦性は終始弱アンダーステアの安定志向となっていました。

 ブレーキは軽自動車初の4輪ディスクブレーキを装備し、タイヤはフロントに155/65R13、リアに165/60R14を装着する前後異径サイズを採用。標準はスチール製ホイールで、アルミホイールはオプションです。

 新車価格は138万8000円(消費税含まず)と、当時は高額な印象でした。なお、運転席側エアバッグ装着車も設定され、8万円高です。

 デビューしてからは1992年に特別仕様車の「バージョンF」と「バージョンC」、1993年には同じく「バージョンZ」をラインナップしましたが、改良自体は年式によってにおこなわれるにとどまり、マイナーチェンジを一度もおこなうことなく1996年にビートは生産を終了しました。

※ ※ ※

 ビートは絶版車になった後も比較的中古車の人気が高く、現存数も多かったことから、2011年には誕生20周年を記念して、ホンダアクセスがUSBポートでメモリーやiPhoneなどと接続可能な新開発のオーディオと、スポーツサスペンションを限定販売しました。

 また2017年からホンダは、ビートの一部部品の再生産を開始しており、愛好家をサポートしています。

【画像】やっぱカッコイイ! 「ビート」全種類から「S660」最後の特別仕様車まで見る(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント