スバル「レヴォーグ」SUV誕生なるか? 伝統「レガシィ」次期型はどう進化?

新型「レヴォーグ」の販売が好調なスバルですが、その一方でかつての主力だった「レガシィ」は現行モデルが生産終了するなど、今後の展開が注目されます。レガシィの次期型はどうなるのでしょうか。

現行「レガシィ」生産終了! 次期型はどうなる?

 2020年に発売された新型車のなかで、クルマ好きに注目される車種としては、スバル新型「レヴォーグ」が筆頭に挙げられるでしょう。
 
 発表は2020年10月ですが、納車の開始は11月中旬でした。12月の登録台数は3918台、2021年1月は4692台です。

日本ではまだ販売されていない北米の新型「アウトバック」
日本ではまだ販売されていない北米の新型「アウトバック」

 爆発的な売れ行きではありませんが、1月の登録台数は、ホンダ「フリード」や日産「キックス」など、コンパクトなモデルと同等です。

 売れ筋グレードの価格帯が350万円から410万円に達するステーションワゴンとしては、好調な販売実績だといえます。

 またスバルの販売網は、全国に約460店舗です。トヨタの4系列を合計した約4600店舗、ホンダの約2200店舗、日産の約2100店舗に比べると圧倒的に少ないです。

 2021年1月は、スバルの1店舗平均で10台のレヴォーグを登録していますから、トヨタ、ホンダ、日産に置き換えれば、1か月当たり2万台から4万台の販売規模。

 4692台という1月の登録台数は、スバルにとっては最高峰の売れ行きだといえます。

 このようにレヴォーグが好調に売れる一方で、今後の動向の心配される車種が「レガシィ」です。

 レガシィはもともとスバルの主力車種でしたが、4代目以降は北米のニーズに合わせてボディを3ナンバーサイズに拡大させました。

 とくに2014年に登場した6代目は、全幅が1800mmを超えています。なお、このときにツーリングワゴンが廃止され、同じ2014年に日本を見据えた新たなモデルとして初代レヴォーグが投入されました。

 つまり2014年を境にして、クロスオーバーSUVの「レガシィアウトバック」とセダンの「レガシィB4」は海外向けのLサイズモデルになり、国内販売の主力はレヴォーグに変わったというわけです。

 先代型、新型ともにレヴォーグが好調に売れるのは良いことですが、レガシィもLサイズになったとはいえ、日本のユーザーにとって大切な車種です。

 それなのにレガシィB4は2020年6月に国内販売を終了しており、アウトバックも2021年1月24日に受注を締め切りました。

 2021年2月上旬に販売店に尋ねると、「B4の在庫車は完全になくなり、アウトアバックもほとんど残っていない」とのことです。

 その一方で、北米では2019年7月から新型(7代目)のレガシィアウトバックとレガシィB4を生産していますが、北米のフルモデルチェンジから1年半を経過したのに、国内にはこの新型モデルはまだ導入されていません。

 この点も販売店に尋ねると、次のように返答されました。

「レガシィではB4に続いて、アウトバックも販売を終えました。しかしメーカーから次期型の発売時期などは聞いておりません。それでも新型が発売されたら購入を希望しているお客さまは相応にいらっしゃいます。

 アウトバックはワゴン感覚のSUVで、ほかの車種とは違う個性と魅力があります。B4も車内の広いLサイズセダンに4WDを組み合わせたので、雪道を走る機会の多いお客さまに好評です。

 ただし次期型は、セダンのB4を用意しない可能性が高いです。堅調に売れるのはアウトバックで、セダンは売りにくいためです」

 海外では新型レガシィが発売されながら、日本では1年半以上も待たされることがあるのでしょうか。

 これについて販売店のスタッフは、「将来の燃費規制も視野に入れると、Lサイズのレガシィは日本では売りにくい商品です。国内に導入するとしても、独自のエンジンを搭載する可能性があり、開発に時間を要しているのだと思います」とコメントしています。

【画像】新型アウトバックはこうなる! レヴォーグとの違いは?(40枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 田舎暮らしで困るのが落石や道の荒れでアンダーを擦ることなので(たぶんそんな地域の人は多くないと思うけど)、新しいレヴォーグの出来が良くてそそられてても最低地上高の問題で二の足を踏んでしまっているので最低地上高が高いレヴォーグが出れば飛びついちゃいそう…
    今乗ってるインプレッサは何度もアンダーに石がガツガツ当たってるし毎日通勤がヒヤヒヤなので、そんなレヴォーグを地味に期待して待ってみようと思う。

    • >今乗ってるインプレッサは何度もアンダーに石がガツガツ当たってる
      そのようなユーザーのために「スバルXV(海外名クロストレック)」というのが販売されております。
      今乗っている「インプレッサ」よりも、50mm最低地上高が高くなってますので、石が当たる確率は下がります。
      それでアメリカで売られている「スバルクロストレック」には、PHVモデルが販売され始めているので、個人的には国内向けに「XVのPHVモデル」が導入されたら良いのにと思ってます。
      その方が燃費がよいので、ガソリンほ使わないし、非常時の電源としても使えるので、希望してます。

  2. レヴォーグのアウトバックは確かに欲しい。
    郵便ポストの付いてない、アセントと同程度の自然吸気エンジンも用意して欲しい。

  3. 過去にグランドワゴン→ランカスター→アウトバックに乗っていました。レヴォーグのアウトバックが発売されれば、購入したいです。PHEVになり、HUDが付いていれば完璧。

  4. LEVORGのアウトバックは、かなり日本的な発想で、一見売れそうですが結局、FORESTERとXVを食い会うだけで、スバルの会社規模でやる話ではないですね。
    トヨタ規模なら絶対やるでしょうけどね(笑)