トヨタの未来都市「ウーブンシティ」ついに2月着工! 巨大自動車会社の大きな転換期に

トヨタの新領域を手掛けるウーブン・プラネット・グループが2021年1月29日、オンラインでオープニングイベント「THE GENESIS」を開き、今後の取り組みについて説明しました。このなかで未来の街作りであるウーブンシティ事業は、豊田章男社長の息子である豊田大輔氏が担当するというのですが、どんな街作りを目指しているのでしょうか。

2021年2月23日に未来都市「ウーブンシティ」の鍬入れ式を実施へ

 ウーブン・プラネット・グループが2021年1月29日、オンラインでオープニングイベント「THE GENESIS」を開き、さまざまな事業の取り組みを公表しました。

 この会社は、これまでのTRI-AD(トヨタ・リサーチ・インスティテュート-アドバンスド・デベロップメント)が持ち株会社体制に移行したものです。トヨタの未来戦略が、大きく動き出した形になりますが、今後はどのような戦略を描いているのでしょうか。

未来都市「ウーブンシティ」の想像図
未来都市「ウーブンシティ」の想像図

 発表によると、ウーブン・プラネット・グループのなかで長期的な事業戦略を立てるのは、ウーブン・プラネット・ホールディングス。

 その傘下に、ソフトウェア開発を中心に実際の技術開発をおこなうウーブン・アルファ、自動運転を主体とした技術開発をおこなうウーブン・コア、そしてベンチャー企業への投資などをおこなうウーブン・キャピタルという構成です。

 ウーブンという言葉には「織り込む」という意味があり、人、モノ、技術、文化などがまるで織物のように合わさる様子を指します。

 ウーブン・プラネット・グループを総指揮するのは、トヨタ本社取締役で、次期トヨタ社長の最有力候補との噂もある、アメリカ人のジェームス・カフナー氏です。

 これまでも、彼が率いてきたTRI-ADでは、ソフトウェア、自動運転、投資という分野がありましたが、「例えば(グーグルの持ち株会社)アルファベットなど、IT大手では、専門分野を分社化することで開発のスピード感や機敏性を持たせています。

(ウーブン・プラネットでも)ウーブン・アルファ、ウーブン・コア、ウーブン・キャピタルがシナジー効果を生み出します」と、ジェームス・カフナー氏は新体制の移行に期待を込めました。

 ウーブンと聞くと、トヨタが造るリアルな未来都市「ウーブンシティ」のことを思い出すかもしれません。

 2020年1月に、米ラスベガスで開催された家電・ITの世界最大級見本市「CES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー)」で豊田章男社長が世界初公開した、トヨタが造るリアルな近未来型実験都市のことです。

 場所は、富士山麓の静岡県裾野市で、2020年まで「ジャパンタクシー」などを製造していたトヨタ自動車東日本の東富士工場が閉鎖された跡地に建設されます。鍬入れ式を、2021年2月23日(語呂合わせで、フ・ジ・サン)におこなう予定です。

 ウーブンシティには、150m四方の区間に整備され、車両や歩行者など地上交通と地下交通が効率良く運用されます。

 そこでは、自動運転サービスカーの「e-Palette」や、トヨタがチームメイトテクノロジーと呼ぶ高度運転支援技術を備えた乗用車、また電動くるまいすや立ち乗り式移動体の歩行領域EVなどが、ウーブンシティ内とその周辺の移動手段として活躍します。

 そこで暮らす住民は、エンジニア、高齢者、また発明家などさまざまなジャンルから募集される予定です。

【画像】ウーブン・プラネット・グループのオープニングイベント「THE GENESIS」の様子を画像で見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 新たな都市を作るのは、様々な大きな夢を織り込めて素晴らしい作業です。将来のモデルケースとすべくトヨダに是非、頑張って欲しい。