未来のタイヤはどう進化? 未来を見据えたブリヂストンの「5つのタイヤ」とは

コネクティッドや自動運転、電動化など、クルマを取り巻く環境は変革期を迎えていますが、そのなかでタイヤはどう進化していくのでしょうか。ブリヂストンが開設した「ブリヂストン・イノベーション・ギャラリー」では、将来のタイヤを垣間見ることができます。

「ブリヂストン・イノベーション・ギャラリー」がリニューアル

 タイヤの世界がいま、大きく変わろうとしています。その胎動を、ブリヂストンの新しい施設で実感しました。

 2020年11月21日から一般公開が始まった、「ブリヂストン・イノベーション・ギャラリー」(東京都小平市)は、ブリヂストン技術センターに隣接し、同社の歴史、現在、そして未来について詳細な展示を見ながら体感できる場所です。

ブリヂストン・イノベーション・ギャラリー
ブリヂストン・イノベーション・ギャラリー

 以前は19年間にわたって「トゥデイ館」として運用していましたが、展示スペースを約1.5倍に拡大し、展示内容を大幅にリニューアルしました。

 今回の「ブリヂストン・イノベーション・ギャラリー」のリニューアルでは、ギャラリーだけではなく、小平の事業施設全体が次の50年に向けてグローバル拠点「ブリヂストン イノベーション パーク」として生まれ変わるというのです。

 具体的には、第1期として、2021年から研究開発拠点「B-イノベーション」と、次世代自動車などの実走行をおこなうミニテストコース「B-モビリティ」の開設が決まっています。

 そもそも小平の地は、1960年3月に操業開始したブリヂストンの旧東京工場があった場所です。

 同社は福岡県久留米市の地下足袋メーカーとしてスタートし、高度経済成長期に自動車産業への本格的な参入をおこない、その拠点となったのが小平市でした。

 社宅や病院、スーパーマーケット、スポ―ツ施設のほか、小学校の建設までブリヂストンがおこない、地域の街づくりに積極的に関わってきました。

 当時の日本企業としては珍しく、メーカーでありながら、社会に対するトータルケアを重要視してきたといいます。

 1970年代に入ると、「ポテンザ」や「レグノ」など現在まで続く主力ブランドが登場。販売網でも「コックピット」「タイヤ館」へと広がっていきます。

 そして1980年代はグローバル化の時代です。1988年にアメリカのファイアストンを買収。インディカーなどアメリカンモータースポーツへの参戦も始まります。さらに1990年代にはF1参戦へと繋がっていきます。

 また、1980年代はスタッドレスタイヤの研究開発に注力した時期でもありました。1970年代後半から札幌、青森、仙台など雪国でスパイクタイヤによる粉塵が大きな社会問題となったことを思い出す人も多いはずです。

 当時の開発事情について、ブリヂストン担当者は「まだウインター向けの自社専用テストコースがなく、地元警察や自治体の許可を得て一般路や氷結路など、いま思えば行き当たりばったりな感じでテストをしていた」と苦労話を語ってくれました。

 あれから33年間、開発拠点の整備に加えて、ユーザーや販売店からのフィードバックを検証することで、ブリザックは累計販売本数が約3億本に達するにまで成長。

 今後の冬用タイヤ開発の方向性としては、ゴムを極める、接地性を極める、モノづくりを極めるとして、効き・持ち・快適について「断トツな商品を目指す」と意気込みを語りました。

【画像】過去・現在・未来を体感できるブリヂストン・イノベーション・ギャラリー(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント