ヤマハ新型「MT-09」登場 3気筒エンジン搭載の個性派ネイキッドがフルモデルチェンジ 

ヤマハ・ヨーロッパはフルモデルチェンジした大型ネイキッドモデル「MT-09」を発表しました。どのような進化を遂げたのでしょうか。

大幅に改良された個性あふれるネイキッド

 ヤマハ・ヨーロッパはフルモデルチェンジした大型ネイキッドモデル「MT-09」を発表しました。

【画像】ヤマハ「MT-09」2021年モデルを見る(14枚)

ヤマハ「MT-09」2021年モデル

 従来モデルから排気量を42cc拡大し889ccとなった3気筒エンジンを搭載した新型MT-09は、低速域でのトルク増大、軽量化が図られたヤマハの最新モデルです。

 最新の燃料供給システムを備えることで燃費性能を向上させた最新のMT-09では、最適化されたギア比とアシスト&スリッパークラッチを採用。併せてクラッチ操作不要でシフトアップ/ダウンできるクイックシフトシステム(QSS)を装備することでスポーティなライディングを可能にしています。

 また、新型モデルでは、最新のCFアルミダイキャスト技術により、最低肉厚1.7mmを実現した軽量アルミ製フレームを採用(従来は最低肉厚3.5mm)。リアフレームもCFアルミダイキャスト製とすることで、スチール製の従来モデル比で1.5kgの軽量化を実現しています。

ヤマハ「MT-09」2020年モデル

 デザイン面においては、2014年の初代、2017年の2代目を受け継ぐ3代目として進化したポテンシャルを表現する新しいスタイリングを採用。コンパクトでデザイン性に優れた小型のヘッドライトなどの採用で、MT-09ならではの個性が演出されています。

 その他、ヤマハ独自の“SPINFORGED WHEEL”技術による軽量ホイール、トルク感と加速感を表現したサウンドを奏でるエキゾースト・システム、「YZF-R1」で実績のある新開発「IMU」(Inertial Measurement Unit/慣性計測装置)を活用した運転操作を支援する各種制御システムを備えたMT-09は、2021年春以降に日本市場に導入予定です。

提供:バイクのニュース


ホンダ「CB4X」発表 CBR650Rのエンジンを搭載した斬新なコンセプトモデル


【画像】ヤマハ「MT-09」2021年モデルを見る(14枚)


ホンダ「ホーネット2.0」スリリングなパフォーマンスを発揮する軽二輪モデル登場


斬新フェイスのヤマハ新型「MT-125」 ライバルはスズキ「GSX-S125」?


スズキ「ハヤブサ」2020年モデルが北米で登場! 大胆なキャンディレッドと大人なグレーの2色を展開

【画像】ヤマハ「MT-09」2021年モデルの画像を見る(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント