試乗予約殺到!? 新型「ホンダe」は予想以上の注目度? 購入するユーザー層は

ホンダは2020年8月27日に同社初の量産EV(電気自動車)となる新型「ホンダe」を発表しました。同じEVである日産「リーフ」と比べると割高では、という声もありますが、果たして新型ホンダeを購入するユーザーとはいったいどんなことに注目しているのでしょうか。

代官山で見た、「ホンダe」を買いそうな人たち

 ホンダは2020年10月30日に、新型電気自動車「ホンダe」を発売しますが、EVとしてのスペックで判断すると「価格が高め」という印象があります。

 ホンダは、どのような人をターゲットしてホンダeを販売しようとしているのでしょうか。都内で開催中のホンダeのプロモーション現場で、(購入の可能性がある)ポテンシャルカスタマーを考えてみました。

「ホンダeとつながるWeek」イベントの様子
「ホンダeとつながるWeek」イベントの様子

 まず、「ホンダe」のスペックを改めて見ていきます。

 駆動方式は、車体後部のモーターによる後輪駆動で、4ドアの4人乗りです。

 タイプはふたつあり、ベースタイプが最高出力100馬力、最大トルク315Nmで、満充電での航続距離はWLTCモードで283km(以下航続距離はすべてWLTCモード)。価格は451万円(消費税込、以下同様)です。

 上級の「アドバンス」が最高出力154馬力、最大トルクは同じく315Nm、航続距離は259kmで、価格が495万円です。

 2020年8月27日、こうした細かい数値など商品詳細がホンダのホームページで公開されると、メディアやSNSでは「コンセプトモデルそのままで、初代『シビック』をイメージされる見た目が可愛い」「カメラミラーシステムなど、ハイテク装備満載のダッシュボードが凄い」といったポジティブな意見がある一方で、「EVとしてみると、価格がかなり高い」といった声があります。

 確かに、日産「リーフ」と比べると割高感があります。

 リーフのベースグレード「S」は、最高出力150馬力、最大トルク320Nm、航続距離322kmで332万6400円。

 また62kWhバッテリーパック搭載の上位グレード「e+ X」では最高出力218馬力、最大トルク340Nm、航続距離458kmで441万1000円。装備が充実した最上級グレード「e+ G」でも499万8400円で、ホンダeのアドバンスとほぼ同じです。

 それでも、ホンダは「新しいクルマの価値を提案する」という特別枠にホンダeを位置付けており、月販販売台数1000台としてプロモーション活動を開始しています。

 2020年8月29日から9月13日にかけて、ホンダeの体験イベント「ホンダeとつながるWeek」が代官山T-SITEで開催されています。

 東京都渋谷区代官山周辺は、JR渋谷駅や恵比寿駅の南側の小高い丘といった地域となります。

 1990年代以降からはデザイナーブランド、近代美術ギャラリー、カフェやレストランの出店が一気に増え、いまでは日本を代表するオシャレな街として全国的な人気エリアとなりました。

 周辺には著名人など富裕層の住民も多く、ドイツ、英国、イタリアの高級車が数多く走り、また富裕層ならではのレアなヒストリックカーに出会う機会も多い印象があります。

 そんな代官山に、蔦屋書店が2011年12月、ライフスタイル提案型商業施設としてオープンさせたのが代官山T-SITEです。

 メインターゲットは、55歳以上のプレミアエイジや、その子ども世代であるプレミアエイジジュニアの35歳以上だといいます。

 代官山T-SITE内の書店スペースでは、文学、アート、料理、旅行、建築、そして車を展示の中核に据えているのが特徴で、車関連コーナーでは、今回のホンダeのように、各種の企画展も開催しています。過去には、プジョーやマツダなどが新車の実車展示をおこないました。

 また、敷地内にはレストラン、自転車販売店、さらに小規模なイベントを開催するガーデンギャラリーがあります。

 代官山T-SITEにうかがったのは、イベント開催2日目の8月30日昼頃でした。

 正面入り口には、チャージイエローとプレミアムクリスタルブルーメタリックのホンダeが、外観の雰囲気を見るための目的で展示されていました。

 ガーデンギャラリーに進むと、プラチナホワイトパールのホンダeが展示され、車内に乗り込んでスタッフから技術的な詳しい説明を受けることができます。

 ただし、この場での「つながる」は、音声認識など車内インフォテインメントを中心とした通信で「つながる」ことが主体で、住宅や電力網と「つながる」というEVとしての側面については詳しく触れることはできません。

 ホンダeと過ごす新しいライフスタイルを紹介は、ギャラリー内ではタブレットを使ったAR(拡張現実)技術を使います。それにより「人のココロとつながるクルマ」というホンダeの商品コンセプトを具現化するさまざまな仕掛けを体験できました。

 このほかに、代官山周辺の試乗も可能でしたが、昼の時点で午後いっぱいの予約が埋まるほどの人気でした。

【画像】代官山の富裕層も注目!? 新型「ホンダe」イベントの様子を実車とあわせて見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 100万は、高すぎる感じかな?
    都会のお金持ちが話のネタに、買うかもしれませんが一般的人にはハードル高い目新しいのは1年位ですからね!