コロナ禍支援に「アルファード」が2万円で買える!? 民間企業のDeNAが企画なぜ?

個人間カーシェアサービスを手掛けるAnycaが、アルファードをリース契約した人へ月額最大4万円を支援します。政府による国民への給付金などとは異なり、民間企業が支援金を設定するという新たな試みとは、どのようなものなのでしょうか。

アルファードが月2万円台!? さらに安くなるかも?

 コロナ禍でのクルマの使用に関する支援金が、ついに出るようです。月額最大4万円だということですが、政府による一律10万円の定額給付金や、店舗などの休業補償とは違います。

支援金でトヨタ「アルファード」が月額2万円台に!?
支援金でトヨタ「アルファード」が月額2万円台に!?

 月額最大4万円の支援は、民間企業がユーザー向けに設定したものです。

 実施するプログラムは、IT企業のDeNAと損害保険の損保ジャパンが合弁事業として展開している、個人間カーシェアサービス「Anyca (エニカ)」と、マイカーリースサービス「SOMPOで乗ーる」を組み合わせたもの。

 どういうことなのか、概要を見ていきましょう。

 ユーザーは、Anycaで車両をカーシェアすることを前提とし、SOMPOで乗ーるでリース契約。そしてAnycaに加入します。

 今回支援金を得られるモデルは、トヨタ「アルファード」と「ランドクルーザープラド」の2種類。リース期間はそれぞれ3年間で、月額リース料はアルファードが6万830円でランドクルーザープラドが5万4340円です。

 アルファードの場合、月4万円の支援で月額2万830円、ランドクルーザープラドは月2万円の支援で月額3万4340円となり、アルファードのほうがお得にリースすることができます。

 カーシェアが成立すれば、シェア受取金額も発生するので、月の支払額がさらに安くなるというわけです。ただし、カーシェア成立時、予約成立料が発生します。

 また、「定額支援」は解約可能なのですが、「SOMPOで乗ーる」自体は途中解約ができません。

 応募資格は、住居および駐車場が、東京都中央区、港区、新宿区、江東区、品川区、目黒区、世田谷区、渋谷区、中野区にあることです。

 募集期間は2020年8月25日から2020年9月30日で、実施人数は30人とされています。

 詳細については、同社ウェブサイトを確認してください。

【画像】2万円で買える!? 人気のアルファードやランクルプラドを見る(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. もう車業界もダメだな。

  2. タイトルが紛らわしい。悪意感じる広告手法ですよ。